ラース・フォン・トリアーによる大胆な挑発は続く。 『ドッグヴィル』で提示した、「力は行使されるべきも […]

前作が、「脱税&査察の攻防を描いたHOW TOモノ」として機能していたのに対し、今回は明らかに巨悪に […]

『お葬式』、『タンポポ』が興行的、批評的にも大きな成功を収め、映画監督として順調なキャリアを築いてい […]

ウィリアム・ゴールドマンといえば、『明日に向って撃て!』、『大統領の陰謀』でアカデミー脚本賞を受賞し […]

森田芳光に対する僕の印象は、ニューアカ勃興期に『家族ゲーム』で注目を浴び、バブル絶頂期に『バカヤロー […]

『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、『もう一つの教育』、『公害はどこへ行った…』など、社会派のテーマ […]

単なるフレンチ・コメディでも反戦映画でも風刺映画でもない、もはやカテゴライズ不能のフィリップ・ド・ブ […]

典型的ハリウッド映画の装いをまとってはいるが、『マトリックス』は正統派オタク系映画なのである。 サイ […]

主婦の満たされない日常に訪れるアバンチュールを描いて、世界的ベストセラーとなったロバート・ジェームズ […]

渋谷生まれの渋谷育ち、根っからのシティ・ボーイの僕としては、「田舎から東京に出て来る」ことが、いかに […]

『魔女の宅急便』は宮崎駿のオリジナル作品ではない。 『風の谷のナウシカ』から『千と千尋の神隠し』に至 […]

ハッキリ言わせてもらうで。 やっぱな、一回きりの人生な、後悔のないように頑張らあかんねん。そんな当た […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー