漂流教室

漂流教室〔文庫版〕(1) (小学館文庫)

冷静に観察してみると分かるが、梅図かずおは実はマンガがドヘタである。

何がヘタって、「人物の動き」がヘタである。走っていようが跳んでいようが全くモーションが感じられず、まるで静止画のようだ。本人もそれは自覚しているとみえて、やたら斜線を入れたりフキダシを使ったりして苦心しているようだが、その斜線の数がハンパじゃないので実にブキミである。

例えば、本編の主人公の翔くんは朝起こしてくれなかったことに腹をたて、母親と口論する。くっだらねーことなんだが、この時の親子のテンションは異常だ。

「なんで朝起こしてくれなかったの!!!」
「あなたがいつも朝起きないからよ!!!!」

お互いの目は見開き(っていうか瞳孔が開き)、眉は釣り上がり、今にも大殺戮が始まりそうな異様な空気に包まれる。しかしこれは、どの家庭にもある日常的なヒトコマなのだ。

版権の関係上、そのヒトコマを読者諸兄にお見せできないのは極めて残念であるが、「梅図かずおの描画はあきらかにトチ狂ってる」という事実だけは、声を大にして申し伝えておきたいと思う。

という訳で本題。『漂流教室』の基本プロットそのものは単純だ。小学校が突然未来へタイムスリップし、残された子供たちが一致団結しながら困難に打ち勝っていくというストーリーは、児童文学の名作『十五少年漂流記』にも酷似している。…が、そのテイストはま~~~~~ったく違う。

いたいけなガキが死ぬわ死ぬわ。パニックになった山本さんが自殺したり、雨乞いの儀式として生徒が火あぶりにされたり、怪虫に襲われて首チョン切られたり、未来キノコを食べて突然変異したり。

862人もいた大和小学校の生徒・先生が、最終的には約100人しか残らないんである。これに比べれば「バトルロワイヤル」なんかまだカワイイもんだ。絶対R指定だぞ、こんなの。

鬼畜キャラが盛り沢山なのもこの作品の魅力だが、極め付けなのは給食屋の関谷さんだろう。給食室のパンを独占しようとして先生や生徒をブチ殺し、チャカをちらつかせて子供たちを手下のようにコキ使う様は、悪玉キャラのカガミである。

「オトナってキタナイ、コドモって純真」という定型化された手であるが、ここまで徹底的にやられるとシラフでは読めなくなってくる。個人的にはいい人キャラだったのに、突然発狂して人を殺しまくる若原先生も捨て難いキャラだ。

しかし結局このマンガのテーマは何かといえば、それは「愛」なのだ!!なんだかんだいっても「愛」なのだ!!それも親子愛。

母親は息子のピンチを直感で知り(それには何の論理的説明はない)、ホテルの壁を壊してナイフを埋めたり、病院に忍び込んで死体にクスリを詰めたりする。これを親子愛と言わず何と言おう。

愚かな人類が残した傷跡を再生すべく、未来に取り残された子供たちは明日への希望をもって生き抜いていく。その思いを母親はしっかりと抱き締める。いい話ではないか。

生きるためにはモラルなど構っていられない。ゆえにドラマは人間の醜悪な部分を暴き、徹底してエゴイズムを描き切っていく。このようなハードな世界観をもった作品もそうはない。

DATA
  • 著者/梅図かずお
  • 発売年/1972年
  • 出版社/集英社

Next Post

ブラック・ジャック

土 9月 30 , 2017
医者という職業を通して、人の「生と死」に向き合うストーリーが重くならない訳がない。 手塚治虫センセイ […]
ブラック・ジャック

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー