(500)日のサマー

(500)日のサマー [Blu-ray]

草食系妄想男子がステキ女子に恋をしてフラれるまでを、The Smiths、Doves、Simon And Garfunkelといったゴキゲンミュージックと、PVを数多く手がけてきた新鋭マーク・ウェブによるカラフルな映像マジックで描く、ちょっと不思議なラブストーリー。

ネットを中心にこの映画の評価がエラく高かったんで、半額の日でもないのにわざわざ通常料金でDVDレンタルしてきました。

吸い込まれそうなブルー・アイと、自由奔放なキャラクターで、主人公のトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)をすっかり骨抜きにしてしまうサマーちゃんが、とにかく天下無双の可愛らしさ。

演じるズーイー・デシャネル嬢は、3/4がアイリッシュ、1/4がフランス人の血を引いている若手女優だが、She & HimなるロックデュオでCDデビューを果たしている歌手でもある。カ

Classics

ラオケ大会でPixiesをチャーミングに歌いあげ、トムがメロメロになるシーンがあるが、実績&素養を兼ね備えているのだ。

ガーリッシュなファッション・センスを誇るオシャレ番長にして、Belle&Sebastianの歌詞を卒業アルバムに引用してしまうほどのサブカル系女子。恋愛偏差値の低いトムくんならずとも、文科系男子なら誰もが恋心を抱いてしまうこと必至。IKEAのベッドで幸せそうに横たわる彼女の横顔なんぞ、オイ!マジ可愛いッス!やばいッス!

しかしこの映画、まかり間違ってもロマンチック・コメディーには非ず。運命の女性と信じ込んでいたサマーに、「私たちは運命じゃなかった」という地雷コメントを言わせてしまうほど、極めてドライな視座に貫かれた等身大の物語なのだ。

男女の恋愛の機微を非予定調和的に綴っていることから、『アニー・ホール』とも比肩されることが多いようだが、かといってその話術がウッディ・アレン的アイロニーと通じるかというと、そうでもなかったりする。

「音楽にダンス、スプリット・スクリーンにナレーション、カートゥーンの鳥まで登場する。ないのは皮肉だけだ」

とシナリオを手がけたスコット・ノイスタッターが語っている通り、これは極めてシンプルな恋愛映画なのだ。斜に構えた描写は一切なし。

コンプレを剥き出しにして、皮肉と嘲笑を映画内に散乱しまくるウッディ・アレン・タッチとは正反対のポイント・オブ・ビュー。意地らしいくらいに、サマーちゃんへの素直な恋慕が全編を覆っている。

男女の甘い蜜月をただスウィートに描くのではなく、蜜月が過ぎ去ったビター・テイストな「その後」も、時制をシャッフルさせながらキッチリ描いていく。

青春の残酷と、しかしその先にある新しい人生の船出を、『(500)日のサマー』はちょっと信じられないくらい巧みに素描している。

そう!草食系妄想男子が妄想から解き放たれ、一人前の漢としてリ・ボーンする瞬間にこそ、この映画の最大のマジックが潜んでいるのだ。

世の妄想系男子よ、この映画を観て現実の恋愛に正面からぶつかるべし。

DATA
  • 原題/(500) Days of Summer
  • 製作年/2009年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/96分
STAFF
  • 監督/マーク・ウェブ
  • 製作/マーク・ウォーターズ、ジェエシカ・タッキンスキー、メイソン・ノヴィック、スティーヴン・J・ウルフ
  • 脚本/スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
  • 撮影/エリック・スティールバーグ
  • プロダクションデザイン/ローラ・フォックス
  • 衣装/ホープ・ハナフィン
  • 編集/アラン・エドワード・ベル
  • 音楽/マイケル・ダナ、ロブ・シモンセン
CAST
  • ジョセフ・ゴードン=レヴィット
  • ゾーイ・デシャネル
  • ジェフリー・エアンド
  • マシュー・グレイ・ガブラー
  • クロエ・グレース・モレッツ
  • クラーク・グレッグ
  • レイチェル・ボストン
  • ミンカ・ケリー
  • パトリシア・ベルチャー

Next Post

コラテラル

火 8月 22 , 2017
まあ、キミ達の言いたいことは分かるさ。つまりこういうことだろう?トム・クルーズが全然凄腕の殺し屋にみ […]
コラテラル

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー