アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマンTM [Blu-ray]

考えてみると、ライミ版『スパイダーマン』は、ボンクラ高校生の抑えきれないリビドーを、アメコミ的フォーマットを借りて描くという、“性”春映画であった。

原作では糸状繊維をウェブシューターから発射するという設定だったのに、掌から発射できるようにわざわざ作り替えたのは、精子の放出=オナニーという明白なメタファーにせんがため!

巨額の製作費を投じて、非モテ系男子の自慰行為を描くという、極めてラディカルなシリーズだったんである。

“性”春映画トリロジー『スパイダーマン』は世界中からの喝采を浴び、メガヒットを記録。ソニー・ピクチャーズ側は引き続きサム・ライミに第四作の監督も打診するも、真っ白な灰に燃え尽きた彼はこれを拒否。

だがソニーは、ドル箱シリーズをこのまま終わらせる気は毛頭なく、前シリーズから5年という超ショートスパンで、新監督と新キャストによるリブート企画が始動した。

ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・フィンチャー、ウェス・アンダーソンというビッグ・ネームがウワサになったものの、結局『アメイジング・スパイダーマン』の監督に抜擢されたのは、『500日のサマー』でゼロ年代青春映画のクラシックを打ち立てたマーク・ウェブ。

(500)日のサマー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

Webb(クモの巣)を操るヒーローを描くにあたって、Webbという名の男ほどふさわしい人材はない、という訳か?

そこかしこにオタク臭が滲み出るサム・ライミとは違い、マーク・ウェブのタッチはお洒落かつスマート。おまけに、青春時代特有の痛切さと喪失感をもリリカルに素描できる文学系。

しかしながら、ワイドスクリーンいっぱいに繰り広げられるアクションになると、途端にスキルの範疇外となってしまう。運動感あふれる空間処理にいささか難があるため、スパイダーマン最大の魅力である“飛翔感”に『アメイジング・スパイダーマン』は欠けているのだ。

前シリーズで、ピーター・パーカーを演じたトビー・マグワイアのボンクラぶりに喝采を送っていた小生としては、今回ピーターを演じるアンドリュー・ガーフィールドにも不満アリ。何せ、スケボーを軽快に乗り回す頭脳明晰&グッド・ルッキンなリア充男子という設定。

ブロンド美女のグウェイン(エマ・ストーン)と強引にキスして、ハートもがっちりキャッチしてしまう。思いっきり勝ち組やないか!!感情移入できないこと甚だしい。

善くも悪くも、『アメイジング・スパイダーマン』は優等生的な映画だ。スパイダーマンを新しく語り直す必然性が感じられず、細かなディティールのアップデートが効果的に作動していない。続編を作るにあたっては、アプローチの方向性を再考する必要があるんではないか?

DATA
  • 原題/The Amazing Spider-Man
  • 製作年/2012年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/136分
STAFF
  • 監督/マーク・ウェブ
  • 製作/ローラ・ジスキン、アヴィ・アラッド、マット・トルマック
  • 製作総指揮/スタン・リー、ケヴィン・フェイグ、マイケル・グリロ
  • 原作/スタン・リー、スティーヴ・ディッコ
  • 原案/ジェームズ・ヴァンダービルト
  • 脚本/ジェームズ・ヴァンダービルト、アルヴィン・サージェント
  • 撮影/ジョン・シュワルツマン
  • 音楽/ジェームズ・ホーナー
CAST
  • アンドリュー・ガーフィールド
  • エマ・ストーン
  • リス・エヴァンス
  • デニス・リアリー
  • キャンベル・スコット
  • イルファン・カーン
  • マーティン・シーン
  • サリー・フィールド

Next Post

アメリ

金 8月 11 , 2017
フランスの大統領も絶賛したとか、癒し系の井川遥チャンも癒されちゃったとか、とにかく『アメリ』観たさで […]
アメリ

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー