アメリ

アメリ [Blu-ray]

フランスの大統領も絶賛したとか、癒し系の井川遥チャンも癒されちゃったとか、とにかく『アメリ』観たさで渋谷のスペイン坂付近はオシャレ系女子で大混雑である。

しかし君たち、ちょっと待て。この監督って『デリカテッセン』、『ロストチルドレン』といったキワモノ映画を撮り続けてきた、ジャン・ピエール・ジュネなんだぜ。

デリカテッセン [Blu-ray]

彼がいくら、「人々を幸せにする映画をつくりたかったんだ」と公言したところで、僕なんかは結構半信半疑だったんだが、観終わってナルホドと納得。独特のキッチュ・テイストがパリを舞台としたベルエポックな匂いと融合し、実にトレヴィアンな作品に仕上がっているんである(後半意味不明)。

『デリカテッセン』など過去の諸作では、異様なくらいに広角レンズやフィルターを使いまくって、アパートメントの狭く重苦しい空間を圧縮して描いていたが、『アメリ』ではロケ撮影が主となりお日さまがサンサンと輝く。

常にタッグを組んでいた、ダーク系専門の撮影監督ダリウス・コンジと袂を分かち、ブリュノ・デルボネルと新たにスクラムを組んだのは、アメリよろしく「勇気をもって外の世界へ飛び出す」というジャン・ピエール・ジュネの決意表明か。

陽光まぶしい彼の映画なんて、今までの作品じゃまず考えられなかったもんなあ。

しかし御安心あれ。『アメリ』でもジュネ節はしっかり健在である。セックスをゲテモノ趣味で描いてしまうタッチは彼ならではだし、ほとんどパラノイアに近い傍役陣もクセ者揃い。ジュネ作品常連のドミニク・ピノンも、やたらカセットテープに言葉を吹き込む変質的な役で登場している。

何よりもタイトルロールを演じるオドレイ・トトゥが素晴らしい。当初は『奇跡の海』に主演したエミリー・ワトソンが演じる予定だったらしいが、申し訳ないけど彼女じゃここまでキュートな映画にならなかっただろう。

内向的な芝居に観客を引き込む繊細さを持った女優ではあるが、「皆に幸せを与える」というポジティブなパワーにはやや出力が足りず。オドレイの笑顔は、それだけで皆を幸せにしてしまう。いい女優はいい映画の必須条件だ。問答無用でカワイイしね。

こんなちょっと変わった人間たちの「悲喜こもごも」を、ベテラン俳優アンドレ・デュソリエがクールにナレーションするのもイイ。えらく落ち着いた語り口でユーモアを増幅させる手法は、いわば「ちびまる子ちゃん」のキートン山田みたいなもんだ。

他愛もない小話をより「クスッ」とさせる必殺技である。ハイテンションかつスピード感あふれる序盤の展開に、この真面目くさったナレーションがボソっと挿入されるのは確かに可笑しい。

登場人物のエモーションに呼応して、心臓がドクドクしたり体が溶けてしまったりする『アリーmyラブ』みたいなマンガ演出は、いささか拍子抜けではあったけど。

『アメリ』は、パステル調のカラフルなお伽話だ。フランスの小話風なストーリーに特に新味はないものの、「人生って素晴らしい!」というシンプルなメッセージが、力強く響いてくる。

ジャン・ピエール・ジュネは、画面の隅々に毒をばらまきながらも、絵本のような可愛さに満ちた映画を撮りあげてしまった。親愛なるジュネ様、いったいアナタはこれからどんな道を歩んでいくのかしらん。

DATA
  • 原題/Le Fabuleux Destin d’Ame’lie Poulain
  • 製作年/2001年
  • 製作国/フランス
  • 上映時間/120分
STAFF
  • 監督/ジャン・ピエール・ジュネ
  • 脚本/ジャン・ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン
  • 撮影/ブリュノ・デルボロル
  • 製作/クローディー・オサール
  • 音楽/ヤン・ティルセン
  • 美術/アリーヌ・ボネット
  • 編集/ハーヴ・シュナイド
  • 衣装/マドリン・フォンテーヌ
CAST
  • オドレイ・トトゥ
  • マチュー・カソヴィッツ
  • ヨランド・モロー
  • リュフュ
  • アルチュス・ド・パンゲルン
  • ウルバン・カンセリエ
  • ドミニク・ピノン
  • クロード・ペロン
  • ミシェル・ロバン

Next Post

嵐が丘

金 8月 11 , 2017
エミリー・ブロンテが、1847年に発表した愛憎渦巻く復讐劇『嵐が丘』を元に、吉田喜重が構想に28年か […]
嵐が丘

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー