歩いても 歩いても

歩いても歩いても [DVD]

かつて、テレビドラマの本流を成していたのはホームドラマだった。

水前寺清子がチャキチャキの下町娘を演じた『ありがとう』、小林亜星が事あるごとにちゃぶ台をひっくりかえす『寺内貫太郎一家』、中流家庭の崩壊を描いた『岸辺のアルバム』。

寺内貫太郎一家 期間限定スペシャルプライス DVD-BOX3

だが高度経済成長期が終わりを告げ、核家族化が進行すると、ホームドラマは表舞台から少しずつ撤退していく。今やテレビドラマは、サスペンスものと恋愛もので横溢している。ホームドラマは、絶滅危惧種指定ジャンルなのだ。

夏の終わり、長男の命日に集まったある家族の一日をスケッチ風に素描した『歩いても 歩いても』は、時代錯誤なくらいホームドラマに徹した映画だ。

開業医だった父親(原田芳雄)と次男(阿部寛)の仲は、医院を継がなかったことでどこかギクシャクしている。快活で如才ない長女(YOU)は、母親(樹木希林)と他愛もない四方山話に話を咲かせつつ、融通の利かない父親に頭を悩ませている。

そして、次男の妻(夏川結衣)は、子連れ結婚だった自分を両親に認めてもらおうと努力している。薄皮一枚隔てたビミョーな人間関係が、是枝裕和の隅々まで神経が行き届いた演出によって提示される。

それにしても何なのだ、この既視感。どこかで見たような風景、どこかで聞いたような会話。YOUみたいな耳年増の叔母さんって絶対いるし。

とうもろこしの天婦羅、四角型の電気傘、玄関にある懐中電灯、風呂場の手すり、「ブルー・ライト・ヨコハマ」のレコードといったひとつひとつの小道具も、日常生活のリアリティーをきっちり確保。

そんなディティールの積み重ねが、何のヘンテツもない「あるある」感を増幅させて、僕らの記憶を揺り動かすのだ。

しかし、その「あるある感」はあくまで幼少の頃の記憶。今この時代にホームドラマを作るということは、「止まった時計の針を巻き戻す」作業なのかもしれない。

事実、この一家の時間は、長男が子供を助けようとして溺れて死んだ15年前から止まっている。

医院を廃業しても、誰も来ない診察室に閉じこもりっきりの父親。蝶々を長男だと思い込んで追いかけようとする母親。昔の思い出のなかでひっそりと生き続けている両親の元に、次男は足を運ぶのをためらう。医院を引き継ぐこともなく、逃げるようにして彼は家を離れた人間だからだ。

次男は映画の終幕近く、「いつも、ちょっとだけ間に合わないんだよな」とつぶやく。この映画は、絶滅危惧種指定されたホームドラマという枠内のなかで、それぞれが違う時間のなかを生きている家族のすれ違いを、冷徹なまでに丁寧に描いたドラマだ。孝行したいときに親は無ーし!

皆さんもこの映画を観て、実家に戻るとか、お見合いするとか、家業を引き継ぐとか、おとーさんおかーさんにいいコトしてあげましょう。

DATA
  • 製作年/2008年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/114分
STAFF
  • 監督/是枝裕和
  • 原作/是枝裕和
  • 脚本/是枝裕和
  • 企画/安田匡裕
  • 撮影/山崎裕
  • 美術/磯見俊裕、三ツ松けいこ
  • 衣裳/黒澤和子
  • 編集/是枝裕和
  • 音楽/ゴンチチ
  • 照明/尾下栄治
  • 録音/弦巻裕、大竹修二
CAST
  • 阿部寛
  • 夏川結衣
  • YOU
  • 高橋和也
  • 田中祥平
  • 寺島進
  • 加藤治子
  • 樹木希林
  • 原田芳雄

Next Post

アルカトラズからの脱出

土 8月 12 , 2017
それまでの刑事ドラマのイメージを刷新し、ダーティー・ヒーローものの嚆矢となった革命的作品『ダーティハ […]
アルカトラズからの脱出

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー