夜霧の恋人たち

アントワーヌとコレット・夜霧の恋人たち〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選2〕 [DVD]

『大人は判ってくれない』から『逃げ去る恋』まで計5本製作された、いわゆるアントワーヌ・ドワネル・シリーズの3作目。

大人は判ってくれない/あこがれ Blu-ray

とにかく、ジャン・ピエール・レオ演じるアントワーヌのお調子者ぶりが楽しい。ヘマはするがどうにも憎めないダメ男、しかし妙に女にはモテる…。たぶん少年期と青年期の狭間にいるような未成熟さに、母性本能がくすぐられるんだろうな。

不真面目・不謹慎がたたって軍からは除隊されてしまうし、せっかく雇ってもらったホテルの夜勤の仕事もトラブルでクビ。ひょんなことから探偵事務所で働くことになっても、依頼人の奥さんと寝てしまう始末。

恋も仕事もあっちへフラフラ、こっちへフラフラ。『夜霧の恋人たち』は実にいきあたりばったり的な、正統派フレンチ・モラトリアム映画だ。

クリスティーヌのほとんどコントとしか思えないお粗末な尾行ぶりや、ゴダールを思わせる原色系の色彩センス、コンチネンタル・スタイルのファッションも楽しいが、やはりトリュフォー作品の最大の魅力は女優陣。

絵に描いたような良家のお嬢さんクリスチーヌ、マダムな色気でアントワーヌを悩殺しまくるファビエンヌ。うーん、どっちもいいオンナだねえ。しかもご両人とも、イケメンGETの手管に長けていらっしゃる。

ファビエンヌの直球ストレートな積極モーションもすごいが、クリスチーヌも自分でテレビを壊しておいて、テレビ修理屋のアントワーヌを呼びつける(なおかつヨリを戻してしまう)という高等テクニックを披露。

いやー脱帽です。アントワーヌくん、女性を我がものにしているかのように見えて、実は女性の掌の上で遊ばれているんである。

アントワーヌが探偵事務所で働き出してからは、物語が俄然サスペンスタッチに移行するものと思いきや、最後までドタバタ恋愛劇に徹するあたりはさすがトリュフォー。

クリスティーヌを尾けまわしていた怪しい男(観客はこの人物が探偵であるとミスリードされる)がラストで突然愛を告白し、「あの人、頭がオカシイのね」と一蹴されてFINを迎えてしまうあたり、恋愛映画として徹底している。

伏線をあっさり放棄してしまう潔さに(ある意味では機能しているんだが)、トリュフォー的なシネフィル観を垣間見た思い。

DATA
  • 原題/Baisers Voles
  • 製作年/1968年
  • 製作国/フランス
  • 上映時間/101分
STAFF
  • 監督/フランソワ・トリュフォー
  • 脚本/フランソワ・トリュフォー、クロード・ド・ジヴレー、ベルナール・ルボン
  • 撮影/デニス・クレルヴァル
  • 音楽/アントワーヌ・デュアメル
  • 録音/ルネ・ルヴェール
  • 美術/クロード・ピニョ
  • 編集/アニェス・ギユモ
CAST
  • ジャン・ピエール・レオ
  • デルフィーヌ・セイリグ
  • ミシェル・ロンダール
  • クロード・ジャド
  • ダニエル・チェカルディ

Next Post

欲望

木 1月 4 , 2018
新進気鋭のカメラマン、トーマスが公園で何気なく撮った男女の密会写真。ネガをプリントしてみると、藪の中 […]
欲望

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー