チャイナ・シンドローム

チャイナ・シンドローム [Blu-ray]

渋谷アップリンクで『監督失格』を観た帰り道、東急本店近くで山本太郎に出くわした。気のいいアンちゃん役で、テレビや映画で引っ張りだこだった彼も、今では反原発活動家としてワイドショーを賑わしている。僕は「3.11が、一人の俳優の人生を劇変させたのだなあ」と感慨にふけり、「そもそも、原発の危険性を警鐘する映画は存在し得なかったのか?」と想いを馳せ、そのままTSUTAYA渋谷店に足を運び、原発サスペンス『チャイナ・シンドローム』をレンタルしたんである。

おおまかな粗筋は、こんな感じ。女性テレビキャスターのキンバリー・ウェルズ(ジェーン・フォンダ)は、原子力発電所の取材でコントロールルームを見学している最中、偶然にトラブルの現場に立ち会ってしまう。撮影フィルムを専門家にみせたところ、重大な事故が起きる寸前だったと明言。キンバリーは、技師ジャック・ゴデル(ジャック・レモン)の助力を得て、この事故をテレビで公表しようとする…。

この映画が公開されたのは1979年3月16日だが、それからわずか12日後の1979年3月28日に、ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所でスリーマイル島原子力発電所事故が発生。環境汚染が少ない(二酸化炭素を排出しない)、コストが安い、原料となるウランが安定供給できる、というメリットから原子力発電を推進してきた人類は、核エネルギーが諸刃の剣であることを思い知ったのだ。

タイトルの『チャイナ・シンドローム』は、「アメリカの原子力発電所がメルトダウンを起こしたら、地球を突き抜けて真裏の中国まで熔けていってしまう」という仮説から採られたものだが、実際に3.11を通過した我々日本人からすると、極めてヴィヴィッドなイシューとして眼前に突きつけられる。だが、社会派サスペンスとしてのメッセージ性を持ちながらも、映画はあくまで娯楽大作としての王道を貫いているのだ(ここ重要)。地味ながらカー・チェイスもあったりして、手に汗握る展開もアリ。

いま山本太郎がすべきは、この映画をなるべく数多くの日本国民に観てもらうためのプロパガンダを立ち上げることかもしれない。

DATA

  • 原題/The China Syndrome
  • 製作年/1979年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/122分

STAFF

  • 監督/ジェームズ・ブリッジス
  • 製作/マイケル・ダグラス
  • 製作総指揮/ブルース・ギルバート
  • 脚本/マイク・グレイ,T・S・クック、ジェームズ・ブリッジス
  • 撮影/ジェームズ・A・クレイブ
  • プロダクションデザイン/ジョージ・ジェンキンス
  • 衣装/ドンフェルド
  • 編集/デヴィッド・ローリンズ
  • 音楽/スティーヴン・ビショップ
  • 舞台装置/アーサー・ジェフ・パーカー

CAST

  • ジェーン・フォンダ
  • ジャック・レモン
  • マイケル・ダグラス
  • ダニエル・ヴァルデス
  • ジム・ハンプトン
  • ピーター・ドゥナット
  • スコット・ブラディ
  • ウィルフォード・ブリムリー
  • ルイス・アークエット
  • リチャード・ハード
  • スタン・ボーマン
  • ジェームズ・カレン

Next Post

チャイナタウン

木 9月 28 , 2017
【思いっきりネタをばらしているので、未見の方はご注意ください。】 As little as poss […]
チャイナタウン

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー