グレート・ウォリアーズ/欲望の剣

グレート・ウォリアーズ/欲望の剣[Blu-ray]

映画評論家の町山智浩氏が、『戦慄! 昆虫パニック』、『尼僧ヨアンナ』、『裸のジャングル』などなど、心に爪あとを残した映画を書き綴った『トラウマ映画館』なるナイスなエッセイ集を著しているが、僕個人のトラウマ映画といえば『グレート・ウォリアーズ/欲望の剣』にトドメを刺す。

トラウマ映画館 (集英社文庫)

日本では劇場未公開のビデオスルー作品で、当時は『炎のグレートコマンド/地獄城の大冒険』というB級丸出しのタイトルであった。

淀川長治が現役バリバリの頃に『日曜洋画劇場』で放送されていたのを観たのだが、今思えばこんなエログロ満載な映画を、いけしゃあしゃあとサンデーナイトに放送していたのって、今では到底考えられない暴挙なり。

初っ端から阿鼻叫喚の戦闘&略奪シーンだし、王女様をよってたかって輪姦しちゃうし、登場人物は全員モラルのカケラもないファック野郎だし。テレ朝、倫理規定のユルさがナイス!

舞台は、暗黒時代真っ只中の中世ヨーロッパ。マーティン(ルトガー・ハウアー)率いる傭兵部隊は、「戦に勝てば、城内のものは戦利品として、根こそぎ持っていってOK!」という雇い主のアーノルフィニ( フェルナンド・ヒルベック)の言葉を信じ、攻城戦に勝利して殺人・略奪・乱暴の限りを尽くす。

しかし舌の根の乾かぬうちにアーノルフィニは無報酬で彼らを部隊から追放。怒りに燃えたマーティン一行はその息子スティーヴン(トム・バーリンソン)を襲撃、許嫁のアグネス(ジェニファー・ジェイソン・リー)を誘拐してレイプする(ヒド過ぎる!!)。

その後古城に乗り込んで城主を惨殺、飲めや歌えやの宴会モードのマーティンに、スティーヴンが復讐を企てる…という、鬼畜全開なストーリーだ。

全編に渡って悪趣味の極み、最もロマンチックなシーンも首吊り死体のたもとでのキスシーンという、絶対自分の子供には見せたなくない映画がこの『グレート・ウォリアーズ/欲望の剣』であるが、ポール・バーホーベンの「これが人間の本質だろ?」という露悪的演出がメガトン級の破壊力。

リーダーと崇めていたはずのマーティンを仲間がよってたかって罵倒し、ペスト菌がウヨウヨしている井戸に突き落とすシーンなんぞ、「友情ってナニ?仲間ってナニ?」と脳天がフラフラしてしまった覚えがある。

しかし僕がこの映画で最もトラウマとなったのは、ジェニファー・ジェイソン・リー演じるアグネス。マーティンにさらわれて処女を奪われる悲劇のヒロインと思いきや、マーティンに恋心をチラ見せしつつ、スティーヴンにも偽りのない愛情を吐露するという、八方美人な魔性のカマトト女。

この悪女ぶりに当時真性童貞ボーイだった小生は、正邪併せ持つオンナの二面性に仰天し、軽く女性トラウマになった記憶あり(その症状は今も続いている!!)。

ジェニファー・ジェイソン・リーという女優が放つ、こまっしゃくれたネコ科の身のこなしと、突き刺さるような視線にもヤラれてしまった。

もともと彼女は『初体験/リッジモント・ハイ』や『ルームメイト 』など、おっぱい要員として八面六臂の活躍だったが、この映画でもアンダーヘアさえ厭わない脱ぎっぷり。

全体的にボテッとした幼女体型なれど、真性童貞ボーイの僕に強烈なエロティシズムを植え付けたんである。

セックス&バイオレンスに塗りたくられ、バーホーベンが偏愛する暗黒系画家ヒエロニムス・ボス的な地獄絵図が全面展開。アンチ・クライシストな冒涜的内容に、一部の良識ある知識人からは猛烈な抗議があったという(当然だろう)。

しかしながらこの映画は、オランダのアカデミー賞に当たる「黄金の子羊賞」作品賞&監督賞を受賞。

バーホーベンは一気に国際的名声を得て、この後『ロボコップ』、『氷の微笑』、『ショーガール』といった、サイコーに面白いけどサイテーに下劣な作品群をハリウッドで産み出すことになる。

ロボコップ/ディレクターズ・カット [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
DATA
  • 原題/Flesh + Blood
  • 製作年/1985年
  • 製作国/アメリカ、オランダ、スペイン
  • 上映時間/126分
STAFF
  • 監督/ポール・ヴァーホーヴェン
  • 製作/ギス・ヴァースライズ
  • 原案/ジェラード・ソェットマン
  • 脚本/ポール・ヴァーホーヴェン、ジェラード・ソェットマン
  • 撮影/ヤン・デ・ボン
  • 音楽/ベイジル・ポールドゥリス
CAST
  • ルトガー・ハウアー
  • ジェニファー・ジェイソン・リー
  • トム・バーリンソン
  • ジャック・トンプソン
  • フェルナンド・ヒルベック
  • スーザン・ティレル
  • ロナルド・レイシー
  • ブライオン・ジェームズ
  • ジョン・デニス・ジョンストン
  • サイモン・アンドリュー
  • ブルーノ・カービイ

Next Post

紅の豚

日 8月 13 , 2017
『紅の豚』は、宮崎駿の思想・信条が最も色濃く描かれた一篇だ。 アドリア海で飛行艇を操り、世俗にとらわ […]
紅の豚

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー