イン・ハー・シューズ

イン・ハー・シューズ [Blu-ray]

“靴は口ほどに物を言う”。

全ての体重を預ける唯一の服飾品である靴は、持ち主のパーソナリティーが如実に表れます。人生とは、自分にぴったり合う靴を探す行為なのかもしれません。

ジェニファー・ウェイナーのベストセラー『イン・ハー・シューズ』は、生真面目な姉ローズ、自由奔放な妹マギーの好対照な姉妹が、本当に自分に似合う靴=幸せを求めて模索するハートフル・ドラマ。この映画を観れば、貴女も自分自身がもっと好きになれるかも♪

…なーんて、女性誌の映画評みたいなノリで書き始めてみましたが、我ながら気持ち悪いのでもうヤメます。いやーしかしこの映画のキャメロン・ディアスは、実にイイ。何がイイって、無駄にエロいとこがイイ。

尻軽&軽薄&移り気なビッチ・ガール。水着シーンも満載で抜群のプロポーションをこれでもかと披露、『チャーリーズ・エンジェル』以上にグラマラスな肢体をアピールしている(何せ初登場からファック・シーンだ!)。

チャーリーズ・エンジェル [Blu-ray]

コケティッシュな魅力を放つキャメロン・ディアスだから、嫌味のないキャラクターとして成立するけど、これフツーの女優だったら単なるサイテー女にしか見えない。

ジェニファー・ロペスあたりが演じていたら、私生活とシンクロしすぎて、作品が崩壊してしまう危険性もアリだ(いや、別に僕は彼女のプライベートを知り尽くしている訳ではないんですが。あくまでイメージです)。

キャメロン・ディアス演じるマギーは、自由奔放なキャラクターながら内面に癒せない傷を抱えていて、そのよるべない疎外感は“難読症”というハンディキャップによって表象される。

寝たきりとなった老教授に、エリザベス・ビショップの詩集を読んで聞かせてあげるシーンは、キャメロンがコンプレックスを克服して、自分自身が「再生」する場面でもある。

詩の実直な感想を述べたあと、教授に「Aプラスだ。頭のいい子だ」と誉められた時の、キャメロン・ディアスの屈託のない笑顔がまたイイ!ベタなシーンであるとは知りつつ、ちょっと感動してしまいました。

実は監督が『L.A.コンフィデンシャル』のカーティス・ハンソンと知り、その作風のギャップにかなりアセったが、このテの映画にありがちな「心象風景に流れすぎて観客が置いてきぼりになる」みたいなことは一切ナシ。骨太かつ理知的な演出で、二人の女性の自立を丁寧に掬い上げていく。

L.A.コンフィデンシャル 製作20周年記念版 [Blu-ray]

『イン・ハー・シューズ』は、「自分探し系女性ドラマ」としての揺るぎない骨格を有した作品だ。そもそもタイトルの「In Her Shoes」というのが、「彼女の立場に身に置いてみる」という意味。

これ以上映画のテーマを端的に表したタイトルはないんではないか。

DATA
  • 原題/In Her Shoes
  • 製作年/2005年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/131分
STAFF
  • 監督/カーティス・ハンソン
  • 製作/リサ・エルジー、キャロル・フェネロン、カーティス・ハンソン、リドリー・スコット
  • 製作総指揮/トニー・スコット
  • 原作/ジェニファー・ウェイナー
  • 脚本/スザンナ・グラント
  • 撮影/テリー・ステイシー
  • 衣裳/ソフィー・デ・ラコフ
  • 編集/リサ・ゼノ・チャージン、クレイグ・キットソン
  • 音楽/マーク・アイシャム
CAST
  • キャメロン・ディアス
  • トニ・コレット
  • シャーリー・マクレーン
  • マーク・フォイアスタイン
  • ブルック・スミス
  • アンソン・マウント
  • リチャード・バージ
  • キャンディス・アザラ
  • ケン・ハワード
  • エリック・バルフォー

Next Post

インビジブル

土 8月 12 , 2017
スーパーマンが滑空中、股を広げて寝そべっている全裸のワンダーウーマンを発見。スーパーマンはこれ幸いと […]
インビジブル

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー