RANKING

1952年
映画ランキング

竹島ルイの独断と偏見による1952年度に公開された映画ランキングです。ランキングは常に暫定的なので、明日にも変わるかもしれません。悪しからず。

1952年 映画ランキング

  1. 第三の男(キャロル・リード)
  2. 風と共に去りぬ(ヴィクター・フレミング)
  3. ピノキオ(ベン・シャープスティーン)
  4. 稲妻(成瀬巳喜男)
  5. 誰が為に鐘は鳴る(サム・ウッド)

RANKING OF
OTHER MAGAZINES

参考までに、キネマ旬報のランキングも掲載しておきます。

キネマ旬報(外国映画)

1. チャップリンの殺人狂時代(チャールズ・チャップリン)
2. 第三の男(キャロル・リード)
3. 天井桟敷の人々(マルセル・カルネ)
4. 河(ジャン・ルノアール)
5. ミラノの奇蹟(ヴィットリオ・デ・シーカ)
6. 令嬢ジュリー(アルブ・シェーベルイ)
7. セールスマンの死(ラズロ・ベネデク)
8. 肉体の悪魔(クロード・オータン・ララ)
9. 巴里の空の下セーヌは流れる(ジュリアン・デュヴィヴィエ)
10. 陽のあたる場所(ジョージ・スティーヴンス)

キネマ旬報(日本映画)

1. 生きる(黒澤明)
2. 稲妻(成瀬巳喜男)
3. 本日休診(渋谷実)
4. 現代人(渋谷実)
5. カルメン純情す(木下恵介)
6. 真空地帯(山本薩夫)
7. おかあさん(成瀬巳喜男)
8. 山びこ学校(今井正)
9. 西鶴一代女(溝口健二)
10. 慟哭(佐分利信)