Mellow Gold

Mellow Gold

ロックンロール、ヒップホップ、カントリーミュージック、フォーク…。圧倒的な音楽的教養を、オタク的感性でポピュラリティーに還元してしまった偉大なる宅録野郎、 ベック。

「俺は負け犬さ」というネガティヴ極まりないデビューシングル「Loser」でアメリカのロック・シーンにしずしずと登場し、世界中のネクラな音楽少年に「機材さえ揃えれば、俺もメジャーになれる!」という希望を抱かせた。

彼が紡ぐジャンキーなポップチューンには、アメリカのルーツ・ミュージックがぎっしりと詰まっている。

「90年代はリミックスとサンプリングの時代であった」とは良く言われることだ。たとえば、美術評論家・作家の布施英利は、その著書「脳の中の美術館」でこう語っている。

ぼくたちの前には、膨大な量の文化遺産が蓄積されている。(中略)そんな作品群を前にして思う。ぼくたちは「遅れてきた人間」だ。

すべては、やられてしまった。もう新しい発想など生まれる余地はない。ドストエフスキー以後、いったいどんな小説が書けるというのか。レオナルドがいてピカソがいる。それ以外に何が描けるというのか。

新編 脳の中の美術館 (ちくま学芸文庫)

疲弊のスピードが速い“音楽”いうジャンルにおいては、この現象はより顕著だろう。

バッハ、モーツァルト、ベートーベン…偉大なクラシックの巨人たちが築きあげた音楽という名の遺産は、後にロックというステージでポピュラリティーを獲得し、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランというスーパースターを生み出す。

彼等を凌駕する音楽など、果たしてあり得るのか。これ以上、どのような革新的な音楽がつくれるというのか。90年代ミュージック・シーンに、衝撃的なデビューアルバム「Mellow Gold」をひっさげてベックが登場したことは、この問いにひとつの解答を示している。

ベックは、前衛芸術家のアル・ハンセンを祖父に持ち、ウディ・ガスリーやブラインド・ウィリー・ジョンソンに影響を受けて、小さな頃からブルース・ギターを弾きながら育った。

彼には、DNAレベルで高次元の音楽的素養が備わっていたのだ。バンド仲間も、スタジオも必要ない。コンピュータひとつで内的宇宙が完成する。

膨大な過去の音楽は、ベックという名のオペレーティングシステムによって再構築・再生産がなされ、サンプリングによるミクスチャー・サウンドに生まれ変わる。

もともとローカル・カルチャーに端を発するフォーク・ソングは、インターネットの発達によってその境界線を失い、世界に発信されるワールドスタンダード・ミュージックとして蘇ったのだ!!

おそらくベックには、「音楽の再生産」という意識はない。その行程は、彼にとっては肉体的感性なのだ。

電脳時代のフォーク・シンガーは、声を荒げることもなく、ことさらに政治的主張をするでもなく、今日も地下室の一室で負け犬の歌を唄い続ける。

DATA
  • アーティスト/Beck
  • 発売年/1994年
  • レーベル/Geffen
PLAY LIST
  1. Loser
  2. Pay No Mind (Snoozer)
  3. Fuckin’ With My Head (Mountain Dew Rock)
  4. Whiskeyclone, Hotel City 1997
  5. Soul Suckin’ Jerk
  6. Truckdrivin’ Neighbors Downstairs (Yellow Sweat)
  7. Sweet Sunshine
  8. Beercan
  9. Steal My Body Home
  10. Nitemare Hippy Girl
  11. Mutherfuker
  12. Blackhole

Next Post

yanokami

土 9月 30 , 2017
ここ数年、NHKホールで行われる矢野顕子の「さとがえるコンサート」に足げく通っているが、そのたびに感 […]
YANOKAMI

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー