Mezzanine

Mezzanine

3D、ダディーG、マッシュルームからなる3人組ユニットMassive Attackのサウンドは、何故かくもダークな質感に彩られているのか。

この腐りきった世の中で、ハッピー・チャームなポップ・ソングなんぞ、単なる現実逃避にしか過ぎないとばかりに、彼らは重苦しく気怠いダウンテンポなエレクトロニカ…すなわちトリップ・ホップを世に送り出してきた。

そもそもトリップ・ホップとは、ジャマイカ系移民を多く擁するイギリス西部の湾岸都市ブリストルで、ソウルフルなブラック・ミュージックとヒップホップのリズムが融合したことに端を発する音楽、

Portisheadといい、Trickyといい、その先駆者と呼ばれるミュージシャンたちも、皆一様に暗い(もっとも彼らは自分たちがトリップ・ホップというジャンルで括られることに強い嫌悪感を示しているようだが)。

dummy

Massive Attackにとって、3枚目のアルバムとなる『Mezzanine』の重苦しさは、MAXに振り切れている。1998年にリリースされた作品とあってか、そのテクスチャーはもはや世紀末的な終末感をも漂わせているのだ。

初期のアルバムに見受けられたダビーでジャジィなテイストは消え失せ、ブレイクビーツを基本としたリズムに歪んだギターが幾層にも重なる。これまで以上に密室的で、鬱屈感が強調された世界。

あまりの音楽的変化に付いて行けなくなったのか、マッシュルームはこのアルバムを最後にメンバーから脱退してしまった。

しかしまあ、このアルバムの一番の聴き所は、やはりM-3『Teardrop』だろう。

コクトー・ツインズのエリザベス・フレイザーをゲスト・ヴォーカルに招いたこのトラックは、彼女の憂いに満ちた歌声と、圧倒的にダークネスでゴシックなサウンド・プロダクションが、神々しいまでにシンクロしている。

耳をそばたてれば、暗闇のなかに差し込む一筋の光、絶望のなかで育まれる希望が垣間見えるのだが、それは何によって垣間見えるかといえば、ズバリ「Love」によって垣間見えるんである。

Love, love is a verb
Love is a doing word
Fearless on my breath

『Mezzanine』(中二階、宙ぶらりんの意味)と名付けられたこのアルバムは、その名の通り、もはや人類が行き場のない宙ぶらりんな状態になっていることを、ダウナーに証明してしまったアルバムといえる。

だが同時にMassive Attackは、あえて耐用年数が過ぎたであろう「Love」という言葉が持つ強さを復権させてもいるのだ。

DATA
  • アーティスト/Massive Attack
  • 発売年/1998年
  • レーベル/Virgin
PLAY LIST
  1. Angel
  2. Risingson
  3. Teardrop
  4. Inertia Creeps
  5. Exchange
  6. Dissolved Girl
  7. Man Next Door
  8. Black Milk
  9. Mezzanine
  10. Group Four
  11. (Exchange)

Next Post

Mellow Gold

土 9月 30 , 2017
ロックンロール、ヒップホップ、カントリーミュージック、フォーク…。圧倒的な音楽的教養を、オタク的感性 […]
Mellow Gold

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー