クリストファー・ノーランに関する考察をフィルマガに寄稿しました

クリストファー・ノーラン作品は何故、常に賛否両論が渦巻くのか?」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

『バットマン』シリーズ三部作、『インセプション』、『インターステラー』など、メガヒット作品を次々に手がけるクリストファー・ノーランは、今ハリウッドで最もイケている映画作家の一人だろう。彼の一挙手一投足に、世界中の目が注がれている。

“ベースボールキャップをかぶり、口ひげを蓄えた非モテ系”がひと昔前の映画監督像とするなら、仕立ての良いスーツに身を包んだグッド・ルッキング・ガイのノーランは、フィルムメーカーのオフィシャル・イメージもオサレ方向に180度転換させてしまった。スピルバーグやルーカスがアメリカ映画界をリードしていたのは遠い昔。今や、キング・オブ・ハリウッドといえばノーランなのである。

だが、しかし!熱狂的ファンからの熱い支持を受ける一方で、うるさ型のシネフィル(取り扱い注意系)からはディスられる傾向にあるのも事実。

なぜこのこの若きキング・オブ・ハリウッドは、常に賛否両論が渦巻くのか?筆者はその理由を、「長所と短所が極端に入り混じった作家だから」と考えている。独断と偏見を交えつつ、彼の映画作家としての特徴をみていこう。

ぜひご一読ください!

Next Post

ライヴメモ

金 5月 5 , 2017
つれづれなるままに書き連ねた、参戦ライヴ記録。 2018年 山下達郎(2018/7/12 中野サンプ […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー