『ツリー・オブ・ライフ』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

ツリー・オブ・ライフ [Blu-ray]

【ネタバレ徹底考察】映画『ツリー・オブ・ライフ』神への祈りに満ちた、監督の自伝的作品」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

どうも、シネマ・アディクトの竹島ルイです。

2011年のカンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールを受賞したものの、難解すぎる内容に拍手とブーイングが同時に巻き起こったという超曰く付きの映画『ツリー・オブ・ライフ』を徹底考察します!

主演のショーン・ペン自身、「完成した映画を観たら、意味が全然分からなくて混乱したよ!」と正直すぎるカミングアウト。演じている本人が分からないんだから、観ている方はもっと分からん!という訳で、観客の脳内に多くのクエスチョンマークを点滅させてしまった『ツリー・オブ・ライフ』について考察(ネタバレ有り)していきましょう。

ぜひご一読ください!

Next Post

スティーヴン・スピルバーグに関する考察をフィルマガに寄稿しました

土 3月 31 , 2018
「スティーヴン・スピルバーグは何故、キング・オブ・ハリウッドとなったのか?」という考察記事をフィルマ […]
未知との遭遇

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー