『セブン』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『セブン』七つの大罪と衝撃的なラストシーンを徹底考察」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

キリスト教の「七つの大罪」を題材に、猟奇的な連続殺人事件を描くサスペンス・スリラー『セブン』。

その衝撃的な内容と先鋭的なビジュアル・センスは、公開されてから約20年経った今なお色褪せることはなく、アメリカの著名な映画評論家ロジャー・イーバートは「今までハリウッドで撮られた作品の中で、最もダークで最も無慈悲な映画のひとつだ!」と評している。

という訳で、今回は『セブン』をネタバレ解説していきましょう。

ぜひご一読ください!

Next Post

『インセプション』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

月 8月 6 , 2018
「【ネタバレ解説】映画『インセプション』複雑なルール設定、ラストの意味を徹底考察」という考察記事をフ […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー