『時計じかけのオレンジ』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『時計じかけのオレンジ』タイトルの意味とラストシーンを徹底考察」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

ハイハイゼア!

ホラーショーなドルーグたちが、アルトラするシニーといえば、『時計じかけのオレンジ』! フィルマガ読者の皆さんは当然ビディーってますよね? ビディーってない人は、プレティ・ポリーを払ってでもビディーった方がいいですよ!

(以下、上記ナッドサットの翻訳)

やぁみんな!

サイコーな仲間たちがめっちゃドツき回す映画といえば、『時計じかけのオレンジ』! フィルマガ読者の皆さんは当然観てますよね? 観てない人は、大金を払ってでも観た方がいいですよ!

※ナッドサット:『時計じかけのオレンジ』で主人公たちが使用する人工言語
…あ、最初からナッドサット連発でアピ・ポリ・ロジー(ごめんなさい)。

という訳で今回は、鬼才スタンリー・キューブリック監督が1971年に発表した“映画史に燦然と輝く激ヤバ・ムービー”『時計じかけのオレンジ』についてネタバレ解説していきましょう。

ぜひご一読ください!

Next Post

『シャイニング』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

日 11月 4 , 2018
「【ネタバレ解説】映画『時計じかけのオレンジ』タイトルの意味とラストシーンを徹底考察」という考察記事 […]
シャイニング

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー