『ファイト・クラブ』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『ファイト・クラブ』製作秘話&伏線・ラストシーンの意味を徹底考察」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

世紀末の1999年に公開され、現代社会の資本主義&消費主義に警鐘を投げかける問題作として反響を呼んだ『ファイト・クラブ』。

イギリスの映画雑誌「エンパイア」が発表した「歴代最高の映画ランキング500」で10位にランクイン。「最高の映画キャラクター100人」ではブラッド・ピットが演じたタイラー・ダーデンが1位に輝くなど、カルトムービーとして今なお根強い人気を誇っている。

今回は、製作秘話をはじめ、巧妙に隠された伏線やサブリミナル効果、ラストシーンの解釈などをテーマに『ファイト・クラブ』についてネタバレ解説していきましょう。

ぜひご一読ください!

Next Post

『ラ・ラ・ランド』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

土 12月 29 , 2018
「【ネタバレ解説】映画『ラ・ラ・ランド』オープニングに隠された意味、賛否両論のラストを徹底考察」とい […]
ラ・ラ・ランド

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー