『ラ・ラ・ランド』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『ラ・ラ・ランド』オープニングに隠された意味、賛否両論のラストを徹底考察」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

日本では2017年2月に公開され、「何度も観たくなる映画!」とリピーターが続出して大ヒットとなったミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。第89回アカデミー賞では史上最多14ノミネート、うち6部門を受賞するなど高い評価を得た。

間違いなく2017年を代表する作品として語り継がれるであろう本作だが、中には「結末に納得がいかない」「ミュージカル映画としてはレベルが低いのでは」「単純に話としてつまらない」といった、否定派も少なからずいらっしゃる賛否両論の作品であることも確か。

そこで今回は、
■ミュージカル映画にかけるデイミアン・チャゼル監督の製作秘話
■全編にちりばめられた古今東西のクラシック映画の引用
■高速道路のオープニングに隠された意味
■夢か愛か、賛否両論の理由考察

を主なテーマに『ラ・ラ・ランド』についてネタバレ解説していきましょう。

ぜひご一読ください!

Next Post

『ROMA/ローマ』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

金 2月 22 , 2019
「【ネタバレ解説】映画『ROMA/ローマ』に隠されたテーマ、タイトルの本当の意味を徹底考察」という考 […]
ROMA/ローマ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー