『犬神家の一族』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『犬神家の一族』石坂浩二×市川崑版の製作秘話、華麗な演出テクニックを徹底考察」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

突然ですが、クイズです。

高倉健、中尾彬、渥美清、西田敏行、鹿賀丈史、石坂浩二、豊川悦司、片岡鶴太郎、上川隆也、稲垣吾郎、長谷川博己、吉岡秀隆、加藤シゲアキ……。

日本を代表する名優からジャニーズ系まで、多士済々なメンバーが並んでいるが、彼らの共通点がお分かりになるだろうか?

正解は……

過去に名探偵・金田一耕助を演じたことがある人!

その真打ちといえるのが、監督・市川崑と組んで『犬神家の一族』(1976)に主演した石坂浩二だろう。

それまでにも金田一耕助役を演じた俳優たちは存在したが、「フケ症のボサボサ頭、ヨレヨレの着物にお釜帽」という“金田一スタイル”を映像的に確立したのは、彼が初めてだった。

映画監督の岩井俊二はこの『犬神家の一族』を「自分の映画作りの教科書」と絶賛し、今なお日本ミステリー映画の傑作として燦然と輝いている。

という訳で今回は、本作の製作秘話、市川崑の演出テクニック、「エヴァンゲリオン」に影響を与えたタイポグラフィなどをテーマに、石坂浩二×市川崑版『犬神家の一族』についてネタバレ考察していきましょう。

ぜひご一読ください!

Next Post

『へレディタリー/継承』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

日 4月 14 , 2019
「【ネタバレ解説】映画『へレディタリー/継承』“今世紀最も恐ろしいホラー”である理由を徹底考察」とい […]
へレディタリー/継承

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー