『ドラゴン・タトゥーの女』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『ドラゴン・タトゥーの女』本当のテーマ、キャスティングの意味を徹底考察」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

40年前、大財閥の一族が住む孤島から忽然と姿を消した少女。彼女はどこへ姿を消したのか? かつて世間を賑わした連続猟奇殺人事件とは関連があるのか? 老練なジャーナリストのミカエルと天才ハッカーのリスベットが手を組み、この巨大な謎に挑む……!

スティーグ・ラーソンによる世界的ベストセラー小説「ミレニアム」を、鬼才デヴィッド・フィンチャーが映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』。本国アメリカでは2011年に公開され、全世界で2億3000万ドルのヒットを記録した。

しかしながらこの作品、単なるサスペンス映画に非らず! 実は、フェミニズム的なメッセージが込められた社会派ドラマなのである。

という訳で今回は、『ドラゴン・タトゥーの女』についてネタバレ解説していこう。

ぜひご一読ください!

Next Post

『ゴーン・ガール』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

木 8月 15 , 2019
「【ネタバレ解説】映画『ゴーン・ガール』に隠されたテーマ、タイトルの意味を徹底考察」という考察記事を […]
ゴーン・ガール

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー