『イレイザーヘッド』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

『イレイザーヘッド』デヴィッド・リンチはなぜ、胎児の悪夢を描くのか?」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

“In Heaven
Everything is fine
You got your good thing
And I’ve got mine

天国なら、すべてがうまくいく
あなたにもわたしにも、
いいことが訪れる”

ラジエーターの中に住む異形の少女が、こんな歌を口ずさみながら、上から降りかかってくる精子を片っ端から踏みつける…。我ながら意味不明の文章だが、別に筆者の頭がトチ狂った訳ではない。鬼才デヴィッド・リンチ監督作品、『イレイザーヘッド』(77)のワンシーンを素描しただけだ。

ぜひご一読ください!

Next Post

『エクソシスト』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

火 12月 3 , 2019
「『エクソシスト』信仰を失った神父が、“神”を取り戻すまでの物語」という考察記事をCINEMOREに […]
エクソシスト

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー