『十二人の怒れる男』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

十二人の怒れる男 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

『十二人の怒れる男』本当の民主主義を問う、“アメリカの良心”的作品」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

ニューヨークのある裁判所の一室。そこでは、父親殺しの罪を問われた少年の裁判について、審議が行われている。あらゆる証拠・証言は少年が犯人であることを指し示し、全陪審員一致で「有罪」になることは明らかだった。しかし、陪審員8番だけが無罪を主張し、議論はにわかに熱を帯びていく…。

シドニー・ルメットが監督、ヘンリー・フォンダが主演を務めた『十二人の怒れる男』(57)。AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が選ぶ「アメリカ映画ベスト100」の一本に選出され、「法廷ドラマ映画」ベストテンでは『アラバマ物語』(62)に次いで第2位にランクイン。アカデミー賞でも作品賞を含む3部門にノミネートされ、ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した、名作中の名作だ。

ぜひご一読ください!

Next Post

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

日 2月 16 , 2020
「【ネタバレ解説】映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はなぜ“賛否両論”なのか?その理由を徹底考 […]
スター・ウォーズ/最後のジェダイ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー