黒澤明の映画では、時として強烈な死臭を放つ。 野武士に襲われる『七人の侍』の寒村、麻薬中毒患者がたむ […]

えー、『容疑者Xの献身』である。 直木賞はもとより、本格ミステリ大賞、このミステリーがすごい!、週刊 […]

『ゆれる』の制作意図について、監督の西川美和はこんなコメントを残している。 人間関係のもろさや危うさ […]

【日照り雨】 少年が母親の忠告を無視して、 「狐の嫁入り」を見てしまうエピソード。オムニバス映画の冒 […]

強烈な個性を持った被写体を、同じくらい強烈な個性を持った監督が執拗につきつめて撮りあげた、驚天動地の […]

いわゆる潜水艦モノは、海底数百メートルで繰り広げられる地味な知力戦に終始してしまい、どうしても映画的 […]

メグ・ライアンが超カワイイということのみで、一点突破してしまったかのような、びっくりするぐらい中身の […]

そもそもは、江戸川乱歩生誕100周年を記念して企画が立ち上がった作品。 今や、“日本映画界を牽引する […]

【思いっきりネタをばらしているので、未見の方はご注意ください。犯人もバラしてますので。】 横溝正史ワ […]

『風の谷のナウシカ』に比べて、この『もののけ姫』ははるかに救いがない物語だ。 希望無き混沌とした世界 […]

ライターの故・川勝正幸が猛プッシュしていたこともあり、『去年ルノアールで』『週刊真木よう子』『湯けむ […]

『燃えよドラゴン』は、ブルース・リーの名前を世界中に知らしめた大ヒット作品にして、その後数多くのカン […]

【思いっきりネタをばらしているので、未見の方はご注意ください。】 毎年クリスマスに何の映画を観るかが […]

「ひどい變態ものである。私の作がエログロといわれ、探偵小説を毒するものと非難されたのは、こういう作が […]

何だかアヒル顔だし胸も大きくないけれど、つきぬけるような笑顔と全てを許容する母性の深さで、みんなメリ […]

「長いこと自分がユダヤ人だと思っていたが、その後ナチに傾倒した。ヒトラーの気持ちは理解できる。オーケ […]

保険会社の調査員レナード(ガイ・ピアース)は、妻をレイプされたうえ殺されてしまう。しかも彼自身、ショ […]

めまいがする。強烈なめまいが。 その理由は媚薬のように甘く幻想的なストーリー構造にある。マデリーン( […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー