僕のヌーヴェルヴァーグ映画(殊に60年代)に対するイメージは、「質量が軽い」という一言に尽きる。 ス […]

『鬼火』は、酒と女に青春に費やしたプチブル青年が、抗いきれない厭世感から、自らの手で死を選ぶまでの4 […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー