この映画のキャッチコピー「凶暴な純愛」というのは、まさに言いえて妙だ。 『ニキータ』でもそうだったが […]

ジャンゴ・ラインハルトによる陽気なジプシー・スウィングが流れるなか、フランス農村地帯の田舎道を、ルシ […]

『大人は判ってくれない』から『逃げ去る恋』まで計5本製作された、いわゆるアントワーヌ・ドワネル・シリ […]

単なるフレンチ・コメディでも反戦映画でも風刺映画でもない、もはやカテゴライズ不能のフィリップ・ド・ブ […]

オトコとオトコの間で真の友情が芽生えるために、必須なファクターとはいったい何ぞや。 お互い胸襟を開き […]

絵本作家・安野光雅の作品が好きで好きで、特に世界各国を一緒に旅していくような楽しみに満ちた『旅の絵本 […]

脚本家にとって夢オチが禁じ手なのは、どんなに荒唐無稽なプロットもオールオッケーに強制置換させてしまう […]

物語/ 酒場のしがないピアノ弾き、シャルリ・コレール。彼はかつてエドゥアール・サローヤンという名を馳 […]

たった二十五日間という、超早撮りで完成させてしまったゴダールの『はなればなれ』は、若気の至りに満ちた […]

もしもあなたが芝居好きならば、 もしくはミステリー好きならば、 あるいは女好きならば… この映画を見 […]

『仕立屋の恋』しかり、『髪結いの亭主』しかり、無償の愛が報われずに悲劇的なエンディングを迎えてしまう […]

一言でいえば、足フェチの映画。 トリュフォーは実際に女性のおみあしが三度のメシより好きだったらしいが […]

男と女が、“恋愛の臨界点”に達する瞬間に必要な映画的ファクターとは何ぞや。R指定の激しいベッドシーン […]

僕のヌーヴェルヴァーグ映画(殊に60年代)に対するイメージは、「質量が軽い」という一言に尽きる。 ス […]

やっほー、あたしザジ。この映画の主役よ。『地下鉄のザジ』、みんな観てくれた?バカな大人どもには分から […]

解説/ミケランジェロ・アントニオーニ監督による、1962年度カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作品。愛の不 […]

『太陽がいっぱい』で、アラン・ドロンの魅力にノック・ダウンされたというマドワゼルは少なくない。ってい […]

男を悩殺するために生まれてきたセクシー・ダイナマイト、BB(ベベ)ことブリジット・バルドー。何てった […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー