“MV界のカリスマ”ことマーク・ロマネクとのファースト・コンタクトは、レニー・クラヴィッツの『Are […]

オードリー・ヘップバーンは世界的に愛されている女優だが、日本では特にその人気が高い。おそらくその最大 […]

あまたの銀幕を飾る女優たちに、淡い恋心を抱くのも映画ファンの特権なり。 『勝手にしやがれ』のジーン・ […]

この映画のキャッチコピー「凶暴な純愛」というのは、まさに言いえて妙だ。 『ニキータ』でもそうだったが […]

傑作の誉れ高いアルフレッド・ヒッチコックの『めまい』(’58年)は、内容だけ取り出せばそ […]

青春時代の甘酸っぱい切なさは、そのその一瞬一瞬がかけがえのないキラメキに満ちている。 岩井俊二は、そ […]

『大人は判ってくれない』から『逃げ去る恋』まで計5本製作された、いわゆるアントワーヌ・ドワネル・シリ […]

メグ・ライアンが超カワイイということのみで、一点突破してしまったかのような、びっくりするぐらい中身の […]

ライターの故・川勝正幸が猛プッシュしていたこともあり、『去年ルノアールで』『週刊真木よう子』『湯けむ […]

何だかアヒル顔だし胸も大きくないけれど、つきぬけるような笑顔と全てを許容する母性の深さで、みんなメリ […]

めまいがする。強烈なめまいが。 その理由は媚薬のように甘く幻想的なストーリー構造にある。マデリーン( […]

いやー可愛いッスね、メグ・ライアン。 愛くるしくて可憐であどけなくて無邪気で器量よしでおしゃまでくり […]

主婦の満たされない日常に訪れるアバンチュールを描いて、世界的ベストセラーとなったロバート・ジェームズ […]

父権社会が崩壊した今、男はますます軟弱に、女はますます逞しくなっている。でもそこは女のコだから、時に […]

かつてニューヨーク派と称されたジョン・カサヴェテスがそうであったように、ドキュメンタリーを中心に腕を […]

『情婦』といい、この『昼下りの情事』といい、ビリー・ワイルダー作品のタイトルがムダにエロいのは何でだ […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー