黒澤明は生来の完璧主義がたたって、たびたび撮影予定期間をオーバーしては、予算超過を招いていた。 この […]

黒沢清は、自ら紡ぐ物語が何かしらのジャンル映画に隷属することに自覚的な映画作家だ。 もしくは、こう言 […]

「オタクの、オタクによる、オタクのための潜水艦映画」との評価がすっかり定着している『ローレライ』。 […]

たぶんこの映画が限りなくチャーミングなのは、ギャルバンが文化祭でブルーハーツを演奏することによって何 […]

『竜馬暗殺』に関する1ダース 【其の一】:京都・近江屋新助宅母屋の二階にて、坂本竜馬が暗殺されるまで […]

【思いっきりネタをばらしているので、未見の方はご注意ください。】 −今日は、ポップカルチャー・レビュ […]

もともとはシドニー・ルメットが監督したサスペンス映画の傑作『12人の怒れる男』に三谷幸喜がインスパイ […]

『隠し砦の三悪人』のレビューでも書いたが、世間的な評価とは違い、僕は基本的に黒澤明を“物語を魅せる” […]

青春時代の甘酸っぱい切なさは、そのその一瞬一瞬がかけがえのないキラメキに満ちている。 岩井俊二は、そ […]

『羅生門』の原作は芥川龍之介の『藪の中』だが、同名タイトルの短編小説『羅生門』も題材として取り入れら […]

黒澤明の映画では、時として強烈な死臭を放つ。 野武士に襲われる『七人の侍』の寒村、麻薬中毒患者がたむ […]

えー、『容疑者Xの献身』である。 直木賞はもとより、本格ミステリ大賞、このミステリーがすごい!、週刊 […]

『ゆれる』の制作意図について、監督の西川美和はこんなコメントを残している。 人間関係のもろさや危うさ […]

【日照り雨】 少年が母親の忠告を無視して、 「狐の嫁入り」を見てしまうエピソード。オムニバス映画の冒 […]

強烈な個性を持った被写体を、同じくらい強烈な個性を持った監督が執拗につきつめて撮りあげた、驚天動地の […]

そもそもは、江戸川乱歩生誕100周年を記念して企画が立ち上がった作品。 今や、“日本映画界を牽引する […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー