間違いなく、砂原良徳は電気グルーヴにおけるサウンド・メインキングのキーマンだった。しかし彼は石野卓球 […]

デビュー当初は、ファンク&ソウル系のトラックを自らの作詞・作曲で歌ってきた一十三十一。山下達郎をフェ […]

僕とCANの邂逅を仲介してくれたのは、ポール・トーマス・アンダーソンの怪作『インヒアレント・ヴァイス […]

名実ともにオッサンとなり、体力の限界を感じる今日この頃。youtubeのライブ中継でFUJI ROC […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー