東京ガールズブラボー/岡崎京子

東京ガールズブラボー (上)

金田サカエは両親の離婚がキッカケでサッポロから夢のテクノポリス・トーキョーにやってくる。坂本キョージュや立花ハジメを崇拝し、アングラ・ポップな戸川純をカッコいいと思い、クラフトワークやアート・オブ・ノイズを聴きまくる。

「ナウ」なものを探し求めるニューウェーヴ少女サカエは、しかし自分が夢想していた「ナウい」トーキョーと現実とのギャップにショックを受けてしまう(何てったって住む所がジジババの巣窟である巣鴨だもんなあ)。

頭を金髪に染め、ガッコからいきなり停学を喰らってしまうサカエのグルービーな生き方。それと相容れない保守的な一般中流家庭である家族、「たのきんトリオの中で誰が一番好き?」なんて下らない話をするクラスメート。

アタシはそんなコトより、「YMOの中で誰が一番好き?」っつーアカデミックな話がしたいのよ!そんな自分ってイケテると思う、根拠レスな自信と共に青春は加速する。…う~ん、16歳っていいなあ。

彼女の行動は「ニューウェーヴ教」ともいうべき信条によって規定される。チェルノブイリ原発事故やベルリンの壁崩壊より、YMO散解やオリーブ休刊の方が一大事。ポスト・モダンやニュー・アカデミズムといった思想は、知的ファッションの一部と化す。

プロとアマ、ギョーカイジンとトーシロの棲み分けがボーダーレスであったこの時代、誰もが本気でニューウェーヴな自分を実感できた(その幻想を産み出した一因はホイチョイ・プロにあるのではないかと僕は思っているんだが)。

サカエがトーキョーにやってきて、やがてサッポロに帰るまでのグラフティは、狂乱の’80年代という世界を心ゆくまで夢想し、やがてリアルな現実の待ち受ける’90年代へ帰っていく道程でもある。

この作品はストーリー云々よりも、典型的な’80年代的ポップカルチャーのテキストとして読んでいくと面白い。あとがきで、いきなり浅田彰が出てきたのにはビビったが、彼曰く’80年代とは

常に押し寄せてくる興奮や高揚感、いつもある使い捨てられることの寂しさ

に満ちた時代であったのだ。バブリーで華やかではあったけど、考えてみると結局何もなかったこの時代。しかしその時代をまさにリアルタイムに感じてきた岡崎京子の、彼女なりの’80年代総括が『東京ガールズ・ブラボー』である。

DATA
  • 著者/岡崎京子
  • 発売年/1992年
  • 出版社/JICC出版局

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー