ブラック・スワン/ダーレン・アロノフスキー

ブラック・スワン [Blu-ray]

若さと老い、美と醜を残酷にも暴きだす物語

円周率に取り憑かれた男の精神崩壊を描いた『π』(1998年)で、颯爽と映画界に殴り込みをかけたダーレン・アロノフスキー。

やがて彼は、麻薬に溺れて自滅していく一般市民を描いた生き地獄ムービー『レクイエム・フォー・ア・ドリーム』(2000年)、ステロイドの過剰摂取でズタボロになった中年レスラーの悲哀ムービー『レスラー』(2008年)と、精神のみならず肉体の崩壊をもフィルムに映し出すようになる。

レスラー [Blu-ray]
『レスラー』(ダーレン・アロノフスキー)

『白鳥の湖』の主演に抜擢された若きバレリーナが、清廉な白鳥と官能的な黒鳥を演じ分けなければならない重圧から、徐々に精神と肉体に変調をきたしていくサイコ・サスペンス『ブラック・スワン』は、まさにアロノフスキー好みのモチーフ。

彼はこの映画の製作にあたって、ロマン・ポランスキーの『反撥』(1965年)の影響を公言しているが、主人公が強度の「性の抑圧」にさらされている設定あたり、その残響がみてとれる。

だが、女優の扱い方は全くもって異なる。『反撥』のカトリーヌ・ドヌーヴは、その肢体から病的なアブノーマリティーをぷんぷんと放っていた。

反撥 [Blu-ray]
『反撥』(ロマン・ポランスキー)

純白で怜悧な表情の奥底に、精神疾患的狂気が見え隠れ。ルイス・ブニュエルの『昼顔』で隠蔽されたエロスを開花させたドヌーヴには、ポランスキーの要求する異常心理とセクシャリティーを標準装備していたんである。

しかしながら、『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンに、濃厚エロスなど望むべくもなし。「ボーイフレンドは何人かいたけど…」と映画内でナタリーははにかみながら語っているが、娘の私生活に干渉しまくる母親のせいで、彼女は未だに処女のまま。その肉体は少女のように汚れないのである。

汚れなき肉体には、傷痕がつけられなければならない。だからこそ、アロノフスキーは背中の傷や爪への執着といった「自傷行為」で、彼女の異常性を際立たせようとする。

スーパー16mmのザラついた映像に浮かび上がる、血で滲んだ傷だらけの皮膚。『レスラー』と同じく、我々はまたしてもフィジカルな苦痛を味わう羽目に陥ったのだ。

アロノフスキーはしかも、かつて僕のミューズだったウィノナ・ライダーに「お払い箱になる年増のプリマ」という悲惨極まりない役をあてがって、小生の軟弱なハートをさらに突き破らんとするのである。

WINONA RYDER
『ウィノナ・ライダー 大型本』

「あたしなんて空っぽな存在なのよ!」と刃物で自分をメッタ刺しにするシーンなんぞ、あまりにも現実とリンクしすぎていて正視できず。

ブティック窃盗事件以降の、彼女の凋落ぶりについては、特に多くを語る必要もないだろう。僕の現在進行形のミューズであるナタリー・ポートマンが、ウィノナからその座を奪うという設定自体がシニカルすぎ。

『ブラック・スワン』は、若さと老い、美と醜を残酷にも暴きだす物語である。ナタリーの内面で蠢く純白の野心と漆黒の狂気は、それを補完するサブテキストでしかない。

ダーレン・アロノフスキーの容赦のない映画的冒険は、まだ始まったばかりだ。

DATA
  • 原題/Black Swan
  • 製作年/2010年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/108分
STAFF
  • 監督/ダーレン・アロノフスキー
  • 製作総指揮/ジョン・アヴネット、ブラッド・フィッシャー、ピーター・フラックマン、アリ・ハンデル、ジェニファー・ロス、リック・シュウォーツ、タイラー・トンプソン、デヴィッド・スウェイツ
  • 製作/スコット・フランクリン、マイク・メダヴォイ、アーノルド・メッサー、ブライアン・オリヴァー
  • 原案/アンドレス・ハインツ
  • 脚本/マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・J・マクローリン
  • 音楽/クリント・マンセル
  • 撮影/マシュー・リバティーク
  • 編集/アンドリュー・ワイスブラム
CAST
  • ナタリー・ポートマン
  • ヴァンサン・カッセル
  • ミラ・キュニス
  • バーバラ・ハーシー
  • ウィノナ・ライダー
  • ベンジャミン・ミルピエ
  • セニア・ソロ
  • クリスティーナ・アナパウ
  • セバスチャン・スタン
  • トビー・ヘミングウェイ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー