『オン・ザ・ロック』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

『オン・ザ・ロック』ソフィア・コッポラが描く、ダイバーシティとニューヨーク、そしてミドルエイジ」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

『ムーンライト』(16)、『へレディタリー/継承』(18)、『WAVES/ウェイブス』(19)など、エッジーな作品を次々に世に送り出している映画スタジオ「A24」と、ビデオ・オン・デマンドサービス「Apple TV+」が、2018年に業務提携を発表。その記念すべき第一回共同配給作品に選ばれたのが、我らがソフィア・コッポラの最新作『オン・ザ・ロック』(20)だ。

もともとソフィアとA24は、2013年に公開された『ブリングリング』で仕事をしている仲だったが、ビデオ・オン・デマンドサービス系とは初タッグ。彼女はある席上で、「同年代の映画製作者ほどストリーミングに反対しているわけではないけど、ストリーミングと伝統的な映画の関係を理解しようと努めているわ」と語っている(※)。

すでに10月2日(金)より全国ロードショーされ、公開4週目となる10月23日(金)からはApple TV+でも配信が開始される予定。しかし、ソフィアの新作を一ヶ月もやり過ごすなんて、映画ファンとしてはあるまじき態度だろう。公開されるや否や筆者はいそいそと映画館に足を運び、その素晴らしさに感動し、脳内で何度も『オン・ザ・ロック』を反芻し、今ではApple TV+の加入を真剣に検討している真っ只中。完全にA24とApple TV+の手のひらで転がされている。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー