思い返すと、僕が初めてマンガ版『AKIRA』を手にしたのは、まだいたいけな小学生の時だった。 緻密な […]

このテの映画を語るには、自己告白も必要かもしれない。 多くの人がそうだと思うが、僕も一時期、他者から […]

変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態。変態 […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー