『セッション』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『セッション』タイトルに秘められた本当の意味を徹底解説」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

名門音大に入学したドラマーと伝説の鬼教師。狂気のレッスンの果ての衝撃のセッションとは?

第30回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞をW受賞したのを皮切りに、第87回アカデミー賞では助演男優賞・編集賞・録音賞の3部門で受賞を果たすなど、数々の映画賞を席巻した『セッション』。

米映画批評サイトのRotten Tomatoesでも、支持率が驚異の96%を記録するなど、批評的にも興行的にも大成功を収めた。

製作費わずか3億円、撮影期間はたったの19日間というスケジュールで、この映画をまとめ上げたデイミアン・チャゼル(当時弱冠28歳)は世界的に注目を浴びる存在となり、やがて『ラ・ラ・ランド』で史上最年少のアカデミー最優秀映画監督賞を受賞するに至る。この天才フィルムメーカーのサクセス・ストーリーは、『セッション』から始まったのだ!

という訳で今回は、衝撃の音楽ドラマ『セッション』についてネタバレ解説していこう。

ぜひご一読ください!

Next Post

『イレイザーヘッド』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

水 11月 20 , 2019
「『イレイザーヘッド』デヴィッド・リンチはなぜ、胎児の悪夢を描くのか?」という考察記事をCINEMO […]
イレイザーヘッド

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー