『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』に関する考察をリアルサウンド映画部に寄稿しました

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』リアーナが紡いだ“新しいテーマ”を考察」という考察記事をリアルサウンド映画部に寄稿しました。

11月11日より公開中の『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』(2022年)。前作『ブラックパンサー』(2018年)は、作品もさることながらケンドリック・ラマーがプロデュースしたサウンドトラックも高い評価を受けた。単なる有名アーティストのコンピレーションではなく、この映画が有するテーマにインスピレーションを受けて制作したアルバムだったからだ。

そして『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』にも、その精神性は引き継がれている。このシリーズは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の中でも特にサウンド面のアプローチがテーマと密接にリンクしているのだ。というわけで本稿では、この大ヒット映画について音楽面から考察していきたい。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー