ダークマン

ダークマン [Blu-ray]

『悪魔のはらわた』シリーズで、スプラッターの巨匠となったサム・ライミが、全編ウソ臭いハッタリズムで撮りあげてしまった怪作。

悪魔のはらわた HDリマスター版 [Blu-ray]

主演は後年『シンドラーのリスト』でブレイクしたリーアム・ニーソン。『スター・ウォーズ エピソード1』では主演を務めた大スターである彼が、昔はこんなバカ映画に出ていたと思うと感慨深い。

んで、ダークマンとは結局何者かといえば、人口皮膚で自らを覆い隠す「怪人二十面相」みたいなもんである。

どんな顔にも自在に変身できるが、その効果が一時間ちょっとしか続かないというのがミソ。タイムリミットが迫ると顔から湯気がシューシューでたりして、このチープさがこの映画の魅力です。

登場人物が驚いた表情を浮かべればカメラは急激に寄ってくるし、緊張感を煽る時には照明は真上から当てられる。

緊迫した場面では被写体は斜めから切り取られ、ショッキングなBGMがかぶさる。サム・ライミがこの映画で挑戦したのは、’40~’50年代の古典的なテクニックであり、ひたすら仰々しい演出である。

全編に漂うオバカチックなテイストは、確信犯的手つき。なんといっても圧巻は、遊園地のシーンだろう。的当てゲームでピンクの象さんをゲットしたのに、店のオッサンに「線をはみ出したからダメ」と言われると、ワナワナと怒りにふるえるシーンなんぞ、小生は正気で観られない。

スプラッター出身のサム・ライミだけに、ところどころでグロなシーンもあることはあるが、よほど心臓の弱い老人でない限り大丈夫。オバハンやガキどもにも観賞できるように、実に甘口に設定されている。

個人的に一番恐いのは、リーアム・ニーソンの恋人役を演じたフランシス・マクドーマンドの顔だと思うんだが。ってうか、彼女を特撮ヒーローモノのヒロインに据えるという発想そのものがスゴい。

フランシス・マクドーマンド24 x 36ポスターRare印刷# ttg605015

ところで映画のラストでさりげなく出演しているのは、『死霊のはらわた』シリーズで有名なブルース・キャンベルである。あのクドすぎる顔は、マニアなら見逃さないであろう。

最近はどこで何やってんだか、ブルース・キャンベル。

DATA
  • 原題/Darkman
  • 製作年/1990年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/96分
STAFF
  • 監督/サム・ライミ
  • 原案/サム・ライミ
  • 製作/ロバート・タパート
  • 脚本/サム・ライミ、チャック・ファーラー、アイヴァン・ライミ、ダニエル・ゴールディン、ジョシュア・ゴールディン
  • 撮影/ビル・ポープ
  • 音楽/ダニー・エルフマン
  • 美術/ランディ・セル
  • 衣装/グラニア・プレストン
CAST
  • リーアム・ニーソン
  • フランシス・マクドーマンド
  • ラリー・ドレイク
  • コリン・フレールズ
  • セオドア・ライミ
  • ニール・マクドノー
  • ブルース・キャンベル

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー