大甲子園

大甲子園 (1) (少年チャンピオン・コミックス)

365日野球のことばっか考えている水島新司センセイは、現実と自分の造り出した幻想がゴッチャになっている、軽いパラノイア状態だと思う。

『大甲子園』は自分の生み出した偉大なプレイヤーたち…山田太郎、中西球道、真田一球、ダントツ、藤村甲子園…といった面々を一堂に介し、トーナメント方式で戦わせてしまおうという、おそろしく個人的趣味に走りまくった作品である。

それぞれのキャラクターが水島野球漫画の主人公たちなのであるから、全員のポテンシャルは等しく一緒である…と普通なら思うことだろう。

ましてや、生みの親である作者ならなおさらだ。しかし彼は甲子園という自分のフィールドで、明訓高校にエコヒーキしまくった作品を描きあげてしまった。

長男が一番可愛くて、あとの次男・三男・四男は眼中にない、といったような案配である。おいおい、それってあまりにも節操がないんじゃないかい。ある意味ではこのオヤジは幸せな野球バカである。

という訳で、本作の最大の見物は、“球道くん”こと中西球道対“ドカベン”こと山田太郎である。自らが創りだした最強のピッチャーと、最強のバッターを対決させてしまおう、という訳だ。

両スーパースターの夢の対決がたやすく終わる訳もなく、延長18回戦っても決着がつかずに試合は翌日に繰り越し。なんと結局フルイニング27回を要して明訓高校が辛勝するのである。

球道くんにいたっては27回ずーっと投げっぱなし。しかもほとんど全力投球のストレートなもんだから(さすがに最後は変化球を混ぜてきたが)、そのスタミナたるや恐るべし、である。

しかし球道くんのスゴさはそれだけではない。引き分け再試合の登板で、何と自己最高の163キロを計測!おいおい、いくらマンガだからっつーてもそりゃナイだろ。

水島センセイは緻密な試合展開を描きつつ、時々このような破天荒なストーリーを何の臆面もなく挿入してしまうんだから、恐れ入る。

とにもかくにも、マンガとしてのカタルシスに満ちた水島野球の総決算、それが『大甲子園』であることに間違いはないだろう。

DATA
  • 著者/水島新司
  • 発売年/1983年
  • 出版社/秋田書店

Next Post

タッチ

土 9月 30 , 2017
少年野球漫画においては、野球こそが絶対の快楽であり、野球に勝るものは一切なかった。 星飛由馬も侍ジャ […]
タッチ

関連する記事

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー