『すばらしき世界』に関する記事をフィルマガに寄稿しました

不寛容な社会と向き合う純粋な魂。西川美和×役所広司の初タッグで描く問題作『すばらしき世界』」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

『ゆれる』(2006年)、『ディア・ドクター』(2009年)、『永い言い訳』(2016年)…。西川美和監督が紡ぐ物語の主人公たちはみな、嘘で自分自身を覆い隠し、容易にその内面を観客に開示しない。西川作品を観ることとは、人間の心という不可思議な迷路に分け入っていく行為。やがて、人間の愚かさや滑稽さを目の当たりにして、我々観客は自分が丸裸になったような気持ちにさせられるのだ。

そんな西川監督の新作『すばらしき世界』が、2021年2月11日より全国公開される。果たして、役所広司演じる三上とはどんな人物なのだろうか?まずは、これまでに監督の手によって生み出されたキャラクターたちを振り返ろう。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー