『ザ・シークレット・サービス』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

『ザ・シークレット・サービス』国家を信ずる者と信じざる者との闘い ※注!ネタバレ含みます。」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

デビュー当時からイーストウッドは、屈強な肉体を武器に不死身のヒーローを演じ続けてきた。だが、1930年生まれの彼が還暦を迎える90年代以降、少しずつその役柄にも“老い”が忍び寄ってくる。『目撃』(97)では寄る年並みに勝てず老眼鏡をかけ、『スペース カウボーイ』(00)では宇宙に旅立とうとして「ライプ(老齢の)スタッフ」と揶揄され、『ブラッド・ワーク』(02)に至っては心臓麻痺を起こしてしまう始末。

そして、ジョン・F・ケネディを守ることができなかったシークレット・サービスのベテラン・エージェントが、大統領暗殺を企む暗殺者と対決する『ザ・シークレット・サービス』(93)も、そのライン上にある作品だ。ジョン・マルコヴィッチ演じる暗殺者を追いかければ、すぐに息が上がってしまう。オフィスで昼寝していたら、心臓発作と勘違いされてしまう。イーストウッドが“老い”という主題に真正面から向き合った、最初期の作品といえるだろう。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー