『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』ギャングの生き様を通して描かれる、20世紀アメリカの記憶」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

有名な話だが、『ゴッドファーザー』(72)の監督として最初にオファーされたのはセルジオ・レオーネだった。『荒野の用心棒』(64)、『夕陽のガンマン』(65)、『続・夕陽のガンマン』(66)の「ドル箱三部作」をはじめ、『ウエスタン』(68)、『ミスター・ノーボディ』(73)など数々の傑作西部劇を生み出して来た彼は、マカロニ・ウェスタンの父とまで称される存在。ギャング映画は畑違いに思えるが、パラマウントの重役たちは、「彼ならば、舞台を西部開拓時代から20世紀初頭のニューヨークに移しても、神話的な物語を紡ぐことができるだろう」と考えたのである。

しかし、セルジオ・レオーネは首を縦には振らなかった。彼は、マリオ・プーゾの原作がどうしても好きにはなれなかったのだ。ニューヨークを牛耳るイタリア系マフィアで、金も名誉も手に入れたコルレオーネ・ファミリーは、ギャングと呼ぶにはあまりにも洗練されすぎている。レオーネが考えるギャングとは、もっと野心的でもっと粗野な存在だった。こんなの全然ギャング映画じゃない!セルジオ・レオーネは礼節をわきまえた態度で、申し出を断ったのである。

その後『ゴッドファーザー』は、俊英フランシス・フォード・コッポラの手によって映画化され、大ヒットを記録。ハリウッド映画史にその名を刻む名作となったことは、皆さんご存知の通りである。千載一遇のチャンスを逃し、さぞかしレオーネは後悔したことだろう。だが彼には、すでに温めているギャング映画の企画があった。それこそが、レオーネの遺作にして代表作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(84)。『ゴッドファーザー』に肩を並べるギャング映画の金字塔である。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー