BIG FUN/TOWA TEI

BIG FUN

肩の力が抜けまくった、サウンド・コンシャスなアルバム

ナニがいいって、『BIG FUN』(2009年)というストレートなタイトルがいいと思う。

特に気負いやプレッシャーもなく、「僕も楽しく作ることができたんで、皆さんも定価3,300円ぶんたっぷりお楽しみください」というカジュアルさがある。肩の力が抜けまくったかのような、バリー・マッギーによるシンプルなジャケもグーではないか。

前作『Flash』(2005年)あたりから、テイ・トウワはその卓越したエディット・センスよりも、リスナーを包み込むソナー(響き)を第一主義にしているような感じを受ける。

FLASH

「僕はたぶんテクノロジーを使ってどんどん角を丸くしていきたいんだと思うんだよね」とテイ自身が語るとおり、エッジの利いたフロア・ミュージックではなく、「丸みのある、サウンドコンシャスな空間を創り上げたい」と思っているのではないか?

『Future Listening!』(1994年)や『Sound Museum』(1997年)の頃には濃厚だった、広告代理店的小賢しさが減退して、純粋にサウンド・コンシャスな音楽を奏で始めているのだ。

個人的に好きなトラックは、M-3の『Out of My Addiction of Love』。チボ・マットの羽鳥美保をゲスト・ヴォーカルに迎えた、シタールの音色がエレクトロ・ミュージックと絶妙に解け合うオリエンタルなナンバーなんだが、妙に羽鳥美保の「Take It Down!」の言い方がハマってしまって、何度もリプレイしてしまいました。

M-5『A.O.R.』のアンニュイなヴォーカルもいいよね。え?これ歌ってるの、松田龍平と結婚したモデルの太田莉菜だって?フツーに可愛い娘をゲストに呼んでるよね。羨ましい。

月刊太田莉菜 (SHINCHO MOOK 107)

『BIG FUN』は、健康な肉体と健康な精神を持ったミュージシャンがつくった、極めて健康的なアルバムである。クラブ・ミュージック随一の策士テイ・トウワは、ヘルシーなアーティストへと変貌を遂げ、ただひたすらにBIG FUNな音楽をドロップした。

そういうアプローチって、僕はすごくいいと思う。音楽ってそもそもそーゆーもんだもん。

DATA
  • アーティスト/TOWA TEI
  • 発売年/2009年
  • レーベル/コロムビアミュージックエンタテインメント
PLAY LIST
  1. Y.O.R.
  2. Taste of You
  3. Out of My Addiction of Love
  4. Lyricist
  5. Twinkle Twinkle Little Star
  6. A.O.R.
  7. Ch. Galaxy
  8. Mind Wall
  9. Siesta
  10. All

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー