The Geisha Girls Show ― 炎のおっさんアワー/The Geisha Girls

GEISHA GIRLS SHOW 炎のおっさんアワー

坂本龍一がダウンタウンとタッグを組んだ、’90年代的「スネークマンショー」

坂本龍一が抜群の嗅覚で新しい才能を発掘していったレコードレーベル「gut」。このレーベルからデビューした新進アーティストは数知れない。中谷美紀、坂本美雨…、そしてThe Geisha Girls!!

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(1989年〜)で、松本人志の「芸者ガールズという名前で音楽 デビューしよう」という冗談に端を発した異色のコラボレーション。

彼等の唯一のアルバム『炎のおっさんアワー』(1995年)こそ、坂本キョージュがダウンタウンとタッグを組んだ’90年代的「スネークマンショー」である。

スネークマンショー (急いで口で吸え!)

そのスネークマンショーのフロントマンだった小林克也のナレーションで華麗に幕を開け、テイ・トウワによる狂乱のヒップホップ『Blow Your Mind』へなだれ込む怒濤の展開。

1stシングル『Kick & Loud』の続編でもあるこのキャッチーな一曲は、まさにテイ・トウワ節満開である(ちなみにテイ・トウワと吉本興業の甘い密月は、今田耕司と組んだ『ナウ・ロマンティック』まで引き継がれる)。

テイは本アルバムのアート・ディレクションも担当)。照れくさいほどのストレートな歌詞が眩しい「少年」は思いっきしフォーク、『ノメソタケ』はアート・リンゼイのボサノバを、だらしのないポルトガル語で歌ってしまうという、大胆極まりない無謀が嬉しい。

さらには、当時J POPを一人勝ち状態、我が世の春を謳歌してウハウハだった小室哲哉氏が参加している「炎のミーティング」。そういや小室って、今吉本に所属してるんだっけか。今思うと、時代との因果なリンクを感じずにはいられない。

このまま調子にのって全米デビューを果たしてしまったGEISHA GIRLS。N.Yで行われたシークレット・ライヴでは、顔面白塗りのKen & Shoの後ろで、MC-202を楽しそうにいじる教授と、ターンテーブルを前にDJプレイを淡々といそしむテイ・トウワの姿があった。

’95年、H Jungle with Tとして紅白歌合戦に登場した浜田を応援すべく、松本は下半身ブリーフ丸出しに振りそでをまとったGEISHA GIRLSの姿で登場。彼等は文字どおり日米を制したアーティストなのである。

DATA
  • アーティスト/The Geisha Girls
  • 発売年/1995年
  • レーベル/フォーライフミュージックエンタテインメント
PLAY LIST
  1. ザ・ゲイシャ・ガールズ・ショウ・オープニング・テーマ
  2. ブロウ・ユア・マインド~森オッサン・チョイチョイ・キリキリまい
  3. 奥さん
  4. plonge[‘]r
  5. ノメソタケ~Minha Geisha
  6. ステップナー
  7. 少年
  8. AGATTE
  9. 「あ」研究家
  10. おいちゃん
  11. Damesska
  12. monter sur la barre fixe
  13. ビー玉
  14. Yuji
  15. 炎のミーティング
  16. NAGOMI
  17. ba[^]timent de l’e[‘]cole

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー