Flash/TOWA TEI

FLASH

一瞬の閃きと感覚でハンドメイドされた、至極のハッピーチャーム

テイ・トウワが通算4枚目となるアルバム『Flash』(2005年)をリリースするやいなや、音楽雑誌は一斉に「おもちゃ箱をひっくり返したような作品」という形容句でこの作品を迎えたものだ。

タイトでプラスティカルな質感を感じさせる極上ポップス群は、たしかに屈託のないほどの「おもちゃ感覚」に溢れている。でも、この「おもちゃ感覚」の接頭語に「オトナの」ていう言葉がくっつくと、途端に意味合いがエロス丸だしに変化するから実に危険だ。げに日本語って不思議なり。

このアルバムには、坂本龍一、カイリー・ミノーグ、野宮真貴、Buffalo Daughter、高野寛、立花ハジメ、アート・リンゼイ、DJ Uppercut、ケニー・ボビアンなどなど、豪華アーティストが多数参加している。

特に僕が注目したいのは森高千里がドラムを叩いてたり、平山あやがラップで参加してたりすること(ただし、平山あやのラップは聴いてみてもほとんど判別できず)。

不思議すぎる人選ではあるが、僕が思うにテイ・トウワが彼女たちを起用した理由は、単に森高千里と平山あやがカワイイからではないかと推察します。

平山あや写真集 あや水
『平山あや写真集 あや水』

そーゆーのってプロの音楽家としてどーなのよ、という生真面目な批判は、このアルバムの前には何の説得力も持たない。すなわちそれは、音楽に何かしらの意味を付与しようとしたり、芸術という名のもとに正当化されたマスターベーション行為から、はっきりと決別する意思なのである。

軽くてパキパキとした手触りにはヘビィーな音圧は感じられないし、コード進行においてもドラマティックな展開は皆無だ。『Flash』には何のメッセージもない。ただただ、iPod世代のリスナーに音が消費されることだけが、念頭におかれているんである。

このアルバムは、まさにタイトル通り一瞬の閃きと感覚でハンドメイドされた、実に右脳的な作業による産物である。この“抜けの良さ”は尋常ではない。

僕たちはただ、至極のハッピーチャームでゴキゲンになればよろしいのである。ピース。

DATA
  • アーティスト/TOWA TEI
  • 発売年/2005年
  • レーベル/V2レコーズジャパン
PLAY LIST
  1. MILKYWAY feat. Ryuichi Sakamoto & Yukalicious
  2. SOMETIME SAMURAI feat. Kylie Minogue
  3. DIFFERENT NU NU
  4. MELODY feat. Byron Stingily
  5. RISK SOME SOUL feat.Luomo
  6. BIANCO feat. Arto Lindsay
  7. RED CARP JUMBO
  8. CONGO feat. Atom TM
  9. HUNTER GREEN
  10. MY SHARONA feat. Tycoon Tosh & Buffalo Daughter

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー