『キャリー』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

キャリー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
『キャリー』人生の転換点を迎えた3人の女優たち」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

気弱で内気な性格の女子高生キャリーが、同級生からのイジメにより眠っていたサイキック能力を覚醒させ、プロムパーティーを阿鼻叫喚の地獄絵図に引きずり込む『キャリー』(76)。“ホラーの帝王”スティーヴン・キングのデビュー作を映画化した、ブライアン・デ・パルマ監督の代表作だ。

クエンティン・タランティーノはお気に入りの映画の1つであることを公言し、マーティン・スコセッシは公開時に3回も劇場に足を運んだと語っている。トップ・クリエイターのクリエイティビティを刺激する、青春ホラーの名作であることは疑いの余地がない。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー