『アメリカン・スナイパー』の考察/解説レビューをCINEMOREに寄稿しました

『アメリカン・スナイパー』ハリウッドで大論争を巻き起こした、イーストウッド最大のブロックバスター」という考察/解説レビューをCINEMOREに寄稿しました。

1930年生まれのクリント・イーストウッドは、70歳の古希を迎えた2000年以降も精力的に作品を発表し続けている。21世紀になってからの監督作だけを取り上げてみても、ほぼ年イチペースの17本だ。いやホント、驚異的としか言いようがない。ボックスオフィスの世界興行記録と併せて、2000年以降のフィルモグラフィーを振り返ってみよう。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー