トゥルー・クライム/クリント・イーストウッド

トゥルー・クライム [Blu-ray]

クリント・イーストウッドはその膨大なフィルモグラフィーにおいて、一度たりとも社会正義をふりかざしたことはない。彼はただ、己が信ずる身勝手な倫理観を証明するがために、もしくは己の運動能力の実効性を誇示するがために、超人的振る舞いを映画内で発露してきた。ある意味で、ものすごーく自分勝手なお人なんである。

20世紀最後の年に監督・主演を果たした『トゥルー・クライム』もまた同様。鼻が利く(事件を嗅ぎ分ける力がある)ことが自慢ながら、今は閑職に追いやられている新聞記者が、死刑執行を目前に控えた黒人死刑囚ビーチャムと接見し、実は無実であると確信。タイムリミットが迫るなか、彼は必死に真犯人探しをする…というアウトラインなんだが、そこに黒人差別問題や、弱者救済といった大甘なテーマはナッシング。主人公は、ただ己の嗅覚が正しいことを立証したいがために、老体に鞭打って走り回るんである。

途中まで気がつかなかったのだが、動物園でカバを見たいと駄々をこねる可愛らしい少女は、イーストウッド演じる新聞記者スティーブ・エベレットの娘、という設定。いくらなんでもおじいちゃんと孫ぐらいの歳の差があるなーと思いつつ、いろいろこの映画について調べていて驚いた。この少女を演じているのは、フランシスカ・フィッシャー・イーストウッド。何とイーストウッドの実の娘だったんである。

そんな孫のような娘と動物園をかけずり回り、二回りも違う娘のような年齢の女性と一晩のアバンチュールを過ごさんと画策。これまさに、現実のイーストウッドを真っ正直に引き写したかのような展開!タイムリミット・サスペンスを主軸に置きながらも、彼は周到に自己告白と懺悔を行っているのだ。

いつだってイーストウッドの不幸は、その肉体が不滅であること、つまり「死ねない」ことにある。同僚の命を奪った死のカーブを乗り越え、イーストウッドは死刑囚を間一髪のところで救出する。だがこの映画のラストシーンで用意されているのは、その1年後、クリスマス・イヴの夜に一人ぬいぐるみを買いに行く孤独なイーストウッドと、幸せそうに家族団らんを楽しむ死刑囚一家の、残酷なまでの対比なのだ。

死のカーブで死ねなかった初老男のロンリネス。死なないことで、彼はあらゆる責めを老いた肉体で享受せんとする。悔悛しようとする。サスペンス・ドラマを隠れ蓑にしたパブリックな私的懺悔。ある意味で究極のマゾスティック映画ですな、こりゃ。

DATA
  • 原題/True Crime
  • 製作年/1999年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/127分
STAFF
  • 監督/クリント・イーストウッド
  • 製作/クリント・イーストウッド、リチャード・D・ザナック、リリ・フィニー・ザナック
  • 製作総指揮/トム・ルーカー
  • 原作/アンドリュー・クラヴァン
  • 脚本/ラリー・グロス、ポール・ブリックマン
  • 撮影/ジャック・N・グリーン
  • 美術/ジャック・G・テイラー・Jr
  • 編集/ジョエル・コックス
  • 音楽/レニー・ニーハウス
CAST
  • クリント・イーストウッド
  • イザイア・ワシントン
  • ジェームズ・ウッズ
  • デニス・リアリー
  • ダイアン・ヴェノーラ
  • リサ・ゲイ・ハミルトン
  • ディナ・イーストウッド
  • ルーシー・アレクシス・リュー
  • シドニー・タミーア・ポワチエ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー