パーフェクト・ワールド/クリント・イーストウッド

パーフェクト ワールド [Blu-ray]

長年親交を結んでいる編集者のT氏と食事をしたとき、いつものように映画談義に花が咲き、イーストウッドの直近のフィルモグラフィーの充実ぶりに話が転じ、たまたま最近BSで観た『パーフェクト・ワールド』の話題になった。

パタパタとヘリコプターが旋回する音が聞こえる中、ドル札が風に舞い、目をつむって草原に横たわるケビン・コスナーを捉えたオープニング・シーンがいいですよねー、あれってエンディングでケビン・コスナーが射殺されたあとでも、全く同じシーンがインサートされていて、実は眠っていたんではなくて死んでいたことが分かるんですよねー、みたいな話をしたところ、T氏は驚くべき回答をしたんである。

曰く、「ルイさんは、オープニング・シーンですでにケビン・コスナーは死んでいると思ったでしょ?よく観ててください。彼ははっきりと眼を開いている。生きているんですよ」。え、マジか。でも、あの草原に横たわった時点で、ケビン・コスナーはすでに息絶えていたはず。生きてるなんてあり得なくね?

「つまり、死んでいるはずの男が、オープニングでは“生きている”ことが示されている。つまりイーストウッドの映画における復活というモチーフ、不死というモチーフが、イーストウッド自身ではなく、ケビン・コスナーに仮託されているんですよ」。

慌てて家に帰って録画していた『パーフェクト・ワールド』を見直したところ、指摘通りケビン・コスナーはしっかりと目を見開いていた。うーむ、さすがT氏!いつもながら、正鵠を射たオピニオンである。

いつだってクリント・イーストウッドが描くのは、正義と悪が共存する世界ではなく、正義と悪が峻別できない世界だった。T氏の主張が正しいとするならば、『パーフェクト・ワールド』では生と死すらも峻別できない世界を描こうとしたのか。

そもそも、この映画におけるパーフェクト・ワールドとは、ブッチの父が1度だけよこした絵葉書に描かれていたアラスカだったはず。しかし、極寒の辺境の地が彼の理想郷だったとは、にわかに信じ難い(事実、アラスカが希望の場所として強烈にイメージングされるシーンはない)。

ブッチは、この世にパーフェクト・ワールドなんぞ存在しないことを、最初から知りすぎるくらいに知っていた。知っていたうえで、逃避行の行き先を“決して辿り着けない場所”アラスカにしたんである。

しかし旅の途中で、彼は警察の銃弾に倒れる。そのまわりには青々とした緑が広がり、一陣の爽やかな風が吹く、どこまでもピースフルな世界が広がっている。そこは現実界ではないし、もちろん死界でもない。生と死の狭間にこそ、彼のパーフェクト・ワールドが横たわっているのだ。

陽光煌めく’60年代のテキサス州を舞台に、映画は驚くほどノホホンとしたタッチで綴られる。芯から心が震えるような、冷え冷えとした希望なき世界を暴きだした『ミスティック・リバー』、『チェンジリング』をダーク・サイド・オブ・イーストウッド映画とするなら、さしずめこの『パーフェクト・ワールド』はサニー・サイド・オブ・イーストウッド映画というところだろう。

ミスティック・リバー [Blu-ray]

なぜならこの作品は、ゴミ溜めのような腐りきった現実を引き写したものではなく、生と死の彼岸を描いているからだ。クリント・イーストウッドの眼差しは、常に遥か彼方を見つめている。

DATA
  • 原題/A Perfect World
  • 製作年/1993年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/138分
STAFF
  • 監督/クリント・イーストウッド
  • 製作/マーク・ジョンソン、デヴィッド・ヴァルデス
  • 製作総指揮/バリー・レヴィンソン
  • 脚本/ジョン・リー・ハンコック
  • 撮影/ジャック・N・グリーン
  • 美術/ヘンリー・バムステッド
  • 音楽/レニー・ニーハウス
CAST
  • ケヴィン・コスナー
  • クリント・イーストウッド
  • T・J・ローサー
  • ローラ・ダーン
  • キース・ザラバッカ
  • レオ・バーメスター
  • ブラッドリー・ウィットフォード
  • ジェニファー・グリフィン

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー