『関心領域』の考察/解説レビューをフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『関心領域』ラストシーンが意味するものは?“凡庸な悪”とは何か?徹底考察」という考察/解説レビューをクイック・ジャパン・ウェブに寄稿しました。

SFスリラー『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(2013年)で強烈なインパクトを残した奇才、ジョナサン・グレイザー。その10年ぶりとなる新作『関心領域』(2023年)が、5月24日より公開されている。

アウシュビッツ収容所の隣で暮らすドイツ人一家の生活を描いた本作は、カンヌ国際映画祭でグランプリ、アカデミー賞で国際長編映画賞と音響賞の2部門を受賞。スティーヴン・スピルバーグは「最高のホロコースト映画だ」と激賞した。という訳で今回は、世界から絶賛を浴びた話題作『関心領域』についてネタバレ解説していきましょう。

映画『関心領域』(2023)あらすじ

第2次世界大戦下、ポーランド・オシフィエンチム郊外にあるアウシュヴィッツ強制収容所。壁一枚隔てた先には、収容所所長のルドルフ・ヘス(クリスティアン・フリーデル)とその家族が暮らす邸宅があった。美しい庭で昼食をとったり、プールで泳いだり、平和な日々を過ごすヘス一家。そして今日も、収容所では多くのユダヤ人たちの生命が奪われていく……。

※以下、映画『関心領域』のネタバレを含みます

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー