『フレンジー』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

フレンジー [Blu-ray]

『フレンジー』ヒッチコック史上最も暴力的で、最も不道徳なフィルム※注!ネタバレ含みます。」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

60年代半ばから、アルフレッド・ヒッチコックは不調に喘いでいた。『マーニー』(64)、『引き裂かれたカーテン』(66)、『トパーズ』(69)が軒並み酷評。“サスペンスの神様”とまで称された男の地位はみるみるうちに失墜し、完全に過去の人となってしまったのである。

だがこの老監督は、過去の栄光にすがる晩年を送るつもりは毛頭なかった。齢70を超えても、「常に面白い映画を撮りたい」、「映画の最前線で活躍したい」という闘志が潰えることはなかったのである。大プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックに請われ、アメリカにやってきたヒッチコックだったが、心機一転ハリウッドを離れることを決意。『舞台恐怖症』(50)以来、22年ぶりにイギリスで新作『フレンジー』(72)を撮影する。故郷に戻ることで、スリラーの名手として名を挙げた頃の“初心”を取り戻したかったのかもしれない。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー