ポエトリー、セックス/サマンサ・ラング

ポエトリー、セックス [DVD]

「フー・ダニット」があまりにも希薄な、残念ミステリー

ドロシー・ポーターのエロティック・サスペンス小説『Monkey’s Mask』を、『女と女と井戸の中』の女流監督サマンサ・ラングが映画化。

突如行方不明となった女子大生ミッキーを消息を求めて、女探偵のジルが捜査を始めるものの、手がかりはエロエロなポエムだけ。やがてミッキーの担当教官ダイアナと激しい恋に落ちたジルだったが、ミッキーが無惨な死体となって見つかったことにより、事態は急転する…。

よほどボンヤリしていなければ、99%の確率で犯人の目安がついてしまう二流サスペンス。幻想的な詩世界をエロティックにコーティングしたといえば聞こえはいいが、ミステリーの鉄則である「フー・ダニット」があまりにも希薄だし、主人公の女探偵がレズなので、お世辞にも美しいとは言い難いレズアン・セックスを観させられるのもキツイ。

その中年女性を演じるのがケリー・マクギリスなのだが、『トップガン』や『刑事ジョン・ブック』の面影はどこにもなく、すっかりオバサンになってしまいました。歳月って残酷ね。

主人公ジルのキャラ設定は、古き良き時代のハードボイルドを思わせるアウトローぶりがなかなかグッド。元の上司である刑事部長と険悪な関係など、まさにフィルムノワール!という感じ。

どうでもいい話だが、彼女はパンツをはかずにジーパンを着てたけど、あれじゃ風邪ひくんでないかい。パンツはきちんとはきましょう。

という訳で、この稿おしまい。なんか妙にアッサリしたレビューになっちゃったけど、映画自体もアッサリした映画だったから、これでいいのだ。

DATA
  • 原題/The Monkey’s Mask
  • 製作年/2001年
  • 製作国/オーストラリア
  • 上映時間/90分
STAFF
  • 監督/サマンサ・ラング
  • 原作/ドロシー・ポーター
  • 製作/ロバート・コノリー、ジョン・メイナード
  • 脚本/アン・ケネディ
  • 撮影/ギャリー・フィリップス
  • 美術/マイケル・フィリップス
  • 衣装/エミリー・セレシン
  • 音楽/シングル・ガン・セオリィ
CAST
  • スージー・ポーター
  • アビー・コーニッシュ
  • ケリー・マクギリス
  • マートン・チョカス
  • クリス・ヘイウッド
  • ブレンダン・カウエル
  • ジム・ホルト
  • ボファナ・ノヴァコヴィク
  • ジャン=ピエール・ミニョン
  • キャロライン・ジルマー
  • ジョン・ノーブル

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー